Google Readerが2013年7月1日にサービス終了、代替サービス3選

Google Reader

始まりがあれば終わりあり。Googleは2005年10月にサービスを開始したRSSリーダGoogle リーダーを2013年7月1日をもってサービスを終了すると発表しました。Official Google Reader Blogも更新されています。

There are two simple reasons for this: usage of Google Reader has declined, and as a company we’re pouring all of our energy into fewer products. We think that kind of focus will make for a better user experience.

via Official Google Reader Blog: Powering Down Google Reader

サービス終了の理由について、Googleは2つの理由をあげています。一つは「ユーザ数の減少」そしてもう一つが「他のサービスへの注力」としています。

ユーザ数は減少しているとはいえ、私も含め日本国内では相当数の利用者がいると思われます。サービス終了の案内はとても残念ではありますが、ユーザとしてはなるべく早く移行先を見つけなければなりません。

というわけで、2013年3月14日現在でGoogle Readerの代替サービスを3つあげてみます。

livedoor Reader

livedoor Reader

まずは日本人にはおなじみ、livedoor Readerです。Google Readerと同じく日本のユーザが多いことが特徴で、Google ReaderのRSSデータをインポートすることが可能です。一部のショートカットキーはGoogle Readerと同じであり、比較的移行がしやすいサービスでもあります。

Google Readerをブラウザから利用していた方にはlivedoor Readerがおすすめです。

Feedly

Feedly

feedlyはGoogle Readerを参照する形で利用するWebサービスでしたが、Google Readerのサービス終了に伴い、シームレスに移行できる計画『プロジェクト・ノルマンディー』を発表しました。他社のAPIもそのまま受け入れると言うことでiPhoneやAndroidのGoogle Reader閲覧アプリをそのままfeedlyに移行することが可能となりそうです。

2013年7月1日以前にFeedlyアカウントを作成し、Google Readerとの連携を許可するだけで自動的に移行が完了となります。ブラウザだけでなく、iOS/Android向けの独自アプリからGoogle Readerを利用していた方にはfeedlyがおすすめです。

Flipboard

Feedly

FlipboardもFeedlyと同じく、「Google Readerの代替」として名乗りを上げたWebサービスのひとつです。正確にはRSSリーダではなく、ソーシャルネットワークアグリゲーションアプリケーションソフトウェアという位置づけで、連携しているSNSのタイムラインなども一緒に読むことが出来るサービスとなっています。移行方法についてはInside Flipboardに詳細な手順が掲載されています。

RSSだけでなく、SNSのタイムラインも同時にチェックしたい方にはFlipboardがおすすめです。

以上、代替サービスとして3つを紹介しました。このほかにもYahoo! JAPANやReederもサポートを表明しており、7月1日までにかなりの代替サービスが登場する予感がします。ユーザにとってシームレスに、かつ同じようなインターフェイスを備えたサービスが登場することを願うばかりです。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!