マイクロソフト、「Windows Phone 8」を発表

Windows Phone 8

マイクロソフトは21日、次期携帯電話OSとなる「Windows Phone 8」を発表しました。日本ではiPhoneに搭載されたiOS, Android OSが有名ですが、Windows Phoneも着実にパワーアップしています。

主な特徴は次の通り。

  • マルチコアプロセッサをサポート
  • 新たに1280×768, 1280×720解像度のスクリーンに対応
  • microSDカードに対応
  • NFCに対応
  • Internet Explorer 10を搭載
  • 決済アプリ「Wallet」の搭載
  • Nokia製のマップアプリを搭載
  • 強力なゲームアプリの開発に対応

注目すべき点はNFCサポートと独自マップアプリの搭載でしょうか。iOS 6でもこれまでのGoogle Mapベースからアップル独自のアプリに切り替えましたが、マイクロソフトの場合はノキア製になりました。

最初に発売される製品はNokia、Huawei、Samsung、HTC製であることも明らかになりました。国内ではauがWindows Phone IS12Tを発売していますが、これらの機種もauから出るのでしょうか。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!