「ラブプラス+」の「ご当地ラブプラス」は別DSでプレイするとペナルティ扱いに

ラブプラス+

2010年6月24日に発売になった「ラブプラス+」の新要素の一つに「ご当地ラブプラス」というものがあります。
47都道府県に設置されたDSステーションごとに異なった「ご当地カプセル」と呼ばれるアイテムを手に入れることが出来るコレクター要素たっぷりのモードなのですが、これには注意点がいくつかあります。

・カプセルを手に入れる前に、彼女データがある状態までゲームを進めておく必要があります。

・カプセルを一度に手に入れられる数は決まっています。
※一度に手に入れられる数は、最初は3つです。DSステーションとの通信回数が増えたり、前作『ラブプラス』からのデータ引き継ぎ時に彼女との親密度が高かったりすると、最大5つまで増えます。

・カプセルを手に入れられる数は3時間経過すると最大まで回復します。
※DS本体の時間設定を変更したり、ゲーム中の時間をずらしたり、ほかのDS本体でプレイしたりすると、回復までにさらに3時間必要になります。

via ゲーム紹介 | ラブプラス+

最初の2つは理解していたのですが、最後の注意点である「カプセル入手後にほかのDS本体でプレイすると、回復までの時間が3時間延長される」というのは知りませんでした。

マナカデラックス

私は室内でプレイ時のみ「ニンテンドーDSi LL」を使用し、ご当地ラブプラスをプレイ時は、このゲーム購入以前から所持していた「ニンテンドーDS lite」を持ち歩いているのですが、今日初めてそのペナルティに遭遇しました。

一刻も早く、次のカプセルを入手したい場合は単一のDSでプレイするのが望ましいようです。とはいえ、このDSi LLを子供も利用するDSステーションで広げるのはかなり勇気がいること。もしどうしても2台のDSを使い分けたい場合は「カプセル取得後から3時間は、ラブプラス+を他のDSに差し替えない」ようにした方が良さそうです。

正確にはメニューのご当地ラブプラス→「ご当地カプセル」を選択したときに判定が行われます。したがって、自宅用のDSでこのメニューを選択しなければ2台のDSを使い分けることが可能です。コメントで指摘してくれた方、ありがとうございます。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!