Googleが検索結果ページの余白を広めに調整、ヘッダー周りを元に戻すuserContent.cssを公開します

先月のサーチウィキ機能導入に続き、今月もGoogleの検索結果が一部変更されています。

Google 検索

まずこちらが2009年5月、サーチウィキ導入直後の検索結果です。

2009年6月のGoogle検索結果

そしてこちらが今日、同じ単語での検索結果。Googleのロゴマークの前後の余白が増えていることに気がつきますでしょうか?

2009年5月と6月の検索結果合成

わかりやすく、2枚の画像を重ねてみました。これを見れば一目瞭然。代表的な変更点として、

  • Googleのロゴは右へ3ピクセル、下へ7ピクセル移動
  • 検索ボックスは右へ12ピクセル、下へ7ピクセル移動
  • ラジオボタンは右へ3ピクセル、下へ10ピクセル移動
  • 検索ボタンは右へ12ピクセル、下へ7ピクセル移動
  • 1件目の検索結果は左へ2ピクセル、下へ19ピクセル移動

などがあげられます。
さらに[1]、検索結果のスニペット[2]も右へ2ピクセル移動していることがわかります。

このうち、一番気になったのはリストの太字の部分。たかが19ピクセルと思いますが、ここ数日の違和感ときたら、相当なものでした。
WSXGA+解像度を持つディスプレイでもおや?と思うのだから、XGAクラスのディスプレイで見るとその差は歴然。検索結果が1件少なく表示されているような錯覚に陥ってしまいます。

これを解決するためにはuserContent.css(FirefoxがWebページをコントロールするためのCSSファイル。詳細はusercontent.css – Mozilla Firefox まとめサイトを参照のこと)に次を追加します。

@-moz-document domain("google.co.jp") {
	div#header form#tsf table#sft {
		margin-top: 0px !important;
		margin-bottom: 4px !important;
	}

	div#header form#tsf table#sft tbody tr td#sff table {
		margin-bottom: 0 !important;
		margin-left: -6px !important;
	}

	div#header form#tsf table#sft tbody tr td#sff input#all {
		margin-left: 2px !important;
	}
} 

Firefoxを再起動するとこのようになります。

userContent.css 調整後

今回調整したのはGoogleロゴ周りのテーブル。白く明るくなっているところが、先月の検索結果と全く同じ表示になっている部分です。相変わらず、Googleロゴや検索結果のテキストまわりはずれちゃっていますが、上下の余白を狭くしたことで、最近感じていた違和感が無くなりました。

Firefox限定の修正方法ではありますが、この最近広がった上下の余白が許せない!という方はお試しあれ。

  1. 目の焦点がぼやけたように見えますが [back]
  2. タイトルの下のテキスト部分 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!