Core i7自作パソコン、4Gメモリを注文

この記事はIntel Core i7を搭載した自作パソコンの連載記事です。この記事を含む、すべての記事はCore i7自作パソコン、まとめから閲覧することが出来ます。

久々に自作パソコンの話題。しばらく自作パソコン関連の記事は取り上げてきませんでしたが、当初の構成からだいぶ変わってきています。今回もパーツをアップグレードすることにしました。

下がり続けているPCパーツの一つにDDR3 SDRAMがあります。最初にメモリを注文したときは「これからさらに下落が進む」と言っていましたが、まさにその通りになっています。

T3U1333Q 価格変動履歴

私も使っているCFDのT3U-1333Q(2GB×3枚組)も2011年に入ってから6,000円を切り、現在は5,000円弱まで値下がりしています。これ、2009年2月に購入したときは14,000円近くしたんですけどねぇ。

そして今や4GBの3枚組も10,000円を切るまでになっています。64bit版OSを使うようになってからメモリの上限を気にすることが無くなったので、以前より軽い気持ちで増設することが出来るようになりました。というわけで、今回は4GBのメモリ3枚組2つ注文しました。2万円払っておつりが来る時代です。

現在使っているマザーボード「GA-EX58-UD4」のメモリ上限は24GBまでなので、これで上限に達したところになります。取り外すことになる12GBのメモリ、何に使いましょうかね。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!