JR東日本、東北新幹線 E5系の愛称を「はやぶさ」に決定

E5系 プロトタイプ

JR東日本は11日、2010年3月に公募していた新型車両E5系の愛称を「はやぶさ」とすることを決定しました。プレスリリースも出ています。応募総数は約15万件だったとのこと。

JR東日本では単純に応募数の多かった名称を愛称にするわけではないのが通説となっています。それは今回の公募結果を見ても同じ。

<E5系愛称の公募結果>
    名称    件数
 (1)はつかり  8,948
 (2)はつね   7,184
 (3)みちのく  5,904
 (4)つがる   4,888
 (5)はやて   4,200
 (6)みらい   4,130
 (7)はやぶさ  3,129
 (8)かわせみ  2,957
 (9)ねぶた   2,272
(10)とわだ   1,984

via 河北新報 東北のニュース/はやぶさ人気、助走段階 東北の利用者、評価これから

はやぶさの名前は公募件数で見ると7位となっています。JR東日本ではこれを選んだ理由について「スピード感があり親しみやすい愛称であるため。」としています。

シンボルマーク

併せて、E5系のシンボルマークも発表されました。このマークはE5系の先頭車両側面に貼り付けられる予定です。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!