Core i7自作パソコン、ビデオカードを追加注文

この記事はIntel Core i7を搭載した自作パソコンの連載記事です。この記事を含む、すべての記事はCore i7自作パソコン、まとめから閲覧することが出来ます。

先日購入したREGZA 47Z8000を第3のPCディスプレイにすべく、ビデオカードを増設することに。
今現在Core i7自作パソコンに刺さっているカードはこちら。

GF9600GT-E512HW2

ビデオカードを増設するにあたって、選定条件を次のように設定しました。上に行くほど優先順位が高くなっています。

  • 増設スロットはPCI Express x16。周りにPCIスロットがあるけど使う予定が今のところ無いので2スロット占有でも可
  • REGZAはPC入力をHDMIしか受け付けないので、HDMI出力を備えた(もしくはDVI-HDMI変換をサポートした)ビデオカードであること
  • 現在使っている玄人志向の「GF9600GT-E512HW2」と併用する形になるので、相性の点も考慮して同じGeForce 9系であること
  • 正直、現在使っている9600GTで不満に思ったことがないのでこれと同等か、ワンランク上程度で
  • 予算も1万円台に抑える
  • (電源容量的には余裕と思われるが)配線周りがごちゃごちゃしているので、できれば補助電源無しの省電力モデルを・・・

GeForce 9800GT

最初は同じGeForce9600GTで探していたのですが、思った以上に価格下落が進んでおり、1万円だとワンランク上の9800GTが買える値段になっていたので、途中から9800GTシリーズに絞り込んでいくことに。

ところが、この価格帯でHDMI出力を備えたビデオカードというのは出力が「DVIx1, RGBx1, HDMIx1」となっているものがほとんど。このうち2系統まで同時出力が可能のようですが、正直RGBはもう使うことがない気がします。

将来、REGZAとの連携をやめてデュアルディスプレイにするなら両方同じ出力の方が良いだろうと思い直し、「HDMI出力端子はいらないから、HDMI出力も可能なDVIx2」付きのカードを探す方針に転換しました。

GF9800GT-E512HW/HD/GE

そして見つけたのが玄人志向のGF9800GT-E512HW/HD/GE。今使っているビデオカードも玄人志向のものですし、相性もそんなに問題にならないはず・・・という期待をこめてチョイスしました。
今使っているGF9600GT-E512HW2と比較してみると。

GF9600GT-E512HW2 スペック GF9800GT-E512HW/HD/GE
GeForce9600GT GPU GeForce9800GT
650MHz コアクロック 550MHz
512MB GDDR3 ビデオメモリ 512MB GDDR3
DVIx2, TV-OUTx1 出力 DVIx2(DVI-HDMIコネクタ付属)
DirectX 10.0, OpenGL, HDCP サポート DirectX 10.0, OpenGL, HDCP
PCI-Express2.0 x16
2スロット占有
使用スロット PCI-Express2.0 x16
2スロット占有
6pin x1 補助電源 不要
96W 消費電力 75W

GPUが9600GTから9800GTにパワーアップしたものの、コアクロックはダウン。出力はTV-OUT(コンポーネント出力)が無くなり[1]、代わりにDVI-HDMIコネクタが付属してくるようになりました。
そしてなんと言っても補助電源が不要なこと。消費電力も20W以上少なくなっています。9600GTを買ってから半年。ほとんど同じ出費で[2]より低電力の9800GTが購入できる時代になりました。

商品画像

  1. 「コンポーネント入力」がついたテレビなんて今あるんでしょうか。ほとんどD端子になっている気が・・・ [back]
  2. 今回買ったビデオカードは販売終了品。在庫限りで安くなっていました [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!