新型iPhone 3G Sの国内発売は6月26日、iPhone for everybodyの対象に

iPhone 3G S

アップルは9日、WWDC 2009のKeynoteで新しいiPhone「iPhone 3G S」を発表しました。ニュースリリースも出ています。

新型iPhoneこと「iPhone 3G S」はカメラが3メガピクセルにパワーアップしたのをはじめとし、OSはiPhone OS 3.0にバージョンアップ、内部クロックやバッテリーの性能向上など、様々な点でパワーアップしています。

さて、気になるのは価格と発売日。発売日についてはアップルから6月26日と発表されています。日本でiPhoneを展開するソフトバンクモバイルは同日、自社のサイトにiPhone 3G Sの価格についてというページを公開しました。

iPhone for everybody ロゴ

これによると、iPhone 3G Sも現在展開している「iPhone for everybody」キャンペーンの適用対象とすることが発表されています。ただし、今回のラインアップは「16GB」と「32GB」モデルということもあり、実質0円で購入できるわけではないようです。

iPhone 3G Sの16GBを新規に頭金0円で購入する場合は次のようになるようです。

区分 名称 料金
料金プラン ホワイトプラン(i) 980円
(必須契約) S!ベーシックパック(i) 315円
(必須契約) パケット定額フル(キャンペーン) 1,029~4,410円
端末代金 iPhone 3G S 16GB(24回払い) 2,400円
割引サービス 月月割(24回) -1,920円
合計 2,804~6,185円

32GBモデルの場合。

区分 プラン名 料金
料金プラン ホワイトプラン(i) 980円
(必須契約) S!ベーシックパック(i) 315円
(必須契約) パケット定額フル(キャンペーン) 1,029~4,410円
端末代金 iPhone 3G S 32GB(24回払い) 2,880円
割引サービス 月月割(24回) -1,920円
合計 3,284~6,665円

現行モデルの16GBと比べた場合、支払額の差は次のようになります。

機種名 合計料金
iPhone 3G 16GB 2,784~6,105円
iPhone 3G S 32GB 3,284~6,665円
差額 +500円

実際には、現行モデルの16GBは生産を終了し、廉価版として8GBモデルを値下げして併売することが決定しており、この表は何の役にも立ちませんが、目安として「新型は500円増し(実際には2年縛りなので500*24=12,000円増し)で手に入る」ということが言えると思います。

「iPhone for everybody」が始まった当初は、そろそろ新型が出るから在庫一掃のためのキャンペーンなんだな、と思っていましたが、まさか新型にも適用とは。
月々の最低月額使用料だけを見ると、32GBモデルを買ってもいいかな、という気はしますが、これを2年間払い続ける必要があること(=78,816円)を考えると、「6月26日にソフトバンクショップに直行!」とまでは行かないんですよねぇ。もうちょっと検討の余地ありかも。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!