キングジム、Bluetoothキーボード機能搭載の新型ポメラ「DM100」を発表

pomera DM100

キングジムは8日、デジタルメモ端末「ポメラ」の最上位機種「ポメラ DM100」を11月25日より発売すると発表しました。ニュースリリースも出ています。

ポメラ

ポメラは2008年11月に発売されたデジタルメモ端末で、モノクロ液晶+QWERTYキーボードを搭載、日本語入力システムにATOKを採用しており、まさにメモに特化してるのが特徴。今回発表された新型は現行機種の最上位モデルという位置づけになっており、価格も37,800円と比較的高価に設定されています。プレミアムモデルこと「DM20」との変更点を並べてみると…

  • 5.7インチサイズで高解像度SVGA(800×600ドット)のTFTモノクロ液晶を搭載
  • 単3形アルカリ乾電池を2本使用で約30時間駆動
  • ストレートタイプのキーボードを採用
  • Bluetoothにより、作ったデータをパソコンと無線でやりとり可能になった他、iPadやiPhoneなどのキーボードとしても使用可能
  • 日本語の「かな」を効率よく入力するために考案された親指シフト入力に対応
  • CSV形式の表作成に対応

などなど。

モノクロ液晶・ATOK搭載など、従来のポメラの基本コンセプトは維持しつつ、Bluetooth対応や表作成に対応するなど新しい機能も取り入れた新型ポメラ。ここまで来るとデジタルメモというより現代版ワープロと呼んでも良さそうなものです。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!