東芝、世界初の2画面タッチパネル搭載ノートPC「libretto W100」を発表

libretto W100

東芝は21日、2画面タッチパネルを使用したWindows搭載ミニノートPC「libretto W100」を発表しました。ニュースリリースも出ています。ノートPC事業を開始して今年で25周年になることを記念して4機種7モデルを投入することが発表されており、librettoもその1つとなっています。

2画面タッチパネル搭載ノートPCは世界初としており、CPUにはインテルの超低電圧版 Pentiumプロセッサー U5400を搭載しています。そのほかの主要スペックについても触れておくと、画面はタッチパネル付き7.0型ワイド、解像度はWSVGA(1024×600)。記憶装置には62GB SSDを採用しています。メモリは2GB。OSはWindows 7 Home Premium (32ビット版)を搭載しており、重量は約699gとなっています。

libretto W100

ちょっとおもしろいのが製品ページの「おすすめポイント」なる項目。OSはWindows 7なので当然ながらAdobeのFlash Playerにも対応しているのですが、サイトにはわざわざ「Adobe Flash Playerにも対応」の表記が。その下にはタッチパネルの説明がされており、「iPadはFlash非対応だけどlibrettoはFlash対応ですよ」と暗に言っているように見えます。

発売時期は2010年8月下旬。気になる価格はオープンとなっています。製品写真の角度によっては巨大な「ニンテンドーDS」にも見えてきますね。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!