Adobe、Flash Player 10.1正式版をリリース

Adobe Flash Player 10.1

Adobeは10日、Flash Playerの最新版となる10.1をリリースしました。ダウンロードはAdobe Flash Playerより。

2010年4月にAdobe Flash Player 10.1 RC版がリリースされてから2ヶ月で正式リリースの運びとなりました。今バージョンの最大の特徴はH.264動画のハードウェアアクセラレーション再生に対応したこと。H.264形式の動画をFlash Player形式で視聴する場合、対応するグラフィックカードとドライバがインストールされていれば自動的にGPU支援による動画再生が有効になります。

現在、Windows, Mac, Linux版のインストーラーが配布されていますが、Mac版に関してはまだこのハードウェアアクセラレーション機能は有効にならないようです。つい最近までMac OS XのH.264デコードの技術文書が非公開となっていたこともあり、対応が遅れているのかもしれません。

対応するグラフィックカードを搭載していない方も、脆弱性がいくつか修正されているため、アップデートすることをおすすめします。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!