ドコモ、iPad用にmicro SIMカードを単体販売との報道

iPad

ドコモ社長、iPadの3G回線提供に意欲を示すの続報。読売新聞のWeb版YOMIURI ONLINEによると、ドコモはiPad用にmicro SIMカードの単体販売を検討しているとのこと。

 NTTドコモが、米アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」の日本での発売に合わせ、「SIMカード」単体での販売を検討していることが30日、明らかになった。

 今後、海外で一般的なように、通信会社と携帯端末を利用者が自由に選ぶことができるきっかけになる可能性もある。

 国内の大手通信会社がSIMカードを単体で販売するのは初めて。ドコモは、アイパッド利用者の通信需要の取り込みを狙う。

 アイパッドは、電子書籍やゲームなどのコンテンツ(情報内容)を無線LANや携帯電話の通信機能を使って入手する仕組みだ。携帯電話の通信機能を使う機種は「SIMフリー」の仕様で、SIMカードを別途購入する必要がある。ドコモは、この機種が発売される6月以降に合わせてSIMカードを販売する方向だ。

 アイパッド向けSIMカードは、携帯電話用の半分程度の大きさで、携帯電話との互換性はない。だが、米グーグルもSIMカードを利用者が自由に差し替えて通信会社を選択できる携帯電話「ネクサス・ワン」の国内販売を予定している。このためドコモは、携帯電話向けのSIMカードの販売も検討している。今後、外国製の人気端末が普及すれば、端末と通信会社を利用者が自由に選択できるSIMフリーが、日本でも進む可能性がある。

via ドコモ、iPad用「SIMカード」販売へ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

iPad用のSIMカードはmicro SIMカードと言われ、「FOMAカード」とは互換性がありません。
あくまでも検討とのことですが、先の社長の発言通りiPadの回線提供に積極的な姿勢が伺えます。SIMロックがかかっていない端末にはSIMカードを単体販売すると言うことは、場合によっては今年の夏に発表が予定されている新型iPhoneも仮にSIMロックフリーだった場合、ドコモが回線提供する可能性も0ではありません。

アメリカではAT&T社のiPhone独占提供が近々解消される報道もされていますし、イギリスでは既にO2とOrange UKの2社からiPhoneが提供されているため、国内にiPad/iPhoneを提供するキャリアが2社存在する状況は何ら不思議なことではありません。今回のiPadへのmicro SIMカード提供を通して、次期iPhoneも是非SIMロックフリー版を販売してほしいものです。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!