BS-i版CLANNADも(やっぱり)画質が・・・

BS-i版CLANNAD

第1期に引き続き、やっぱりひどいアプコン・・・ということでいいのかな。 目のクロスカラー[1]はまだ許せるとして、はっきりと視認できるドット妨害[2]はどうしようもないレベル。AviSynthで取り除けるらしいけど、もともとCLANNADはエンコードの予定がないので、挑戦するやる気が起きない。

TBSでサイドカット、BS-iでこの画質じゃぁ、DVDを買いなさいと言うメッセージがひしひしと伝わってくるなぁ。

商品画像

  1. 虹色がかったように見える現象/黄色枠部分 [back]
  2. 色と色の境目に発生するぶつぶつ/橙色枠部分 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!