N902i レビュー

N902i ミスティーラベンダー

1週間使った結果、いろいろわかったので書いてみます。

レスポンス

コレはN902iを購入する上で一番重視した点。今まで使っていた携帯はとにかくもっさり感が気になって仕方がなかったです。902iシリーズ全般テコ入れされているだけあって、相当早くなっています。

また、レスポンスの改善は同時にUIの改善にもなっています。今まで階層を辿らなければ出てこなかった設定画面がUIの改善でアクセスしやすくなりました。メールの宛先入力が参照できるようになった点などが上げられます。

大きさ・重さ

共に不満。おさいふケータイやトルカを使うつもりはないので、もう少しサイズダウンしてほしかった。重さは以前のケータイより20g近く重くなりました。ずっしり感、といえばムリヤリ納得できますが。

4メガピクセルカメラ : フォトモード

これは期待はずれ。ノイズがひどい。N902iから搭載されたデジタル手ぶれ補正機能が悪影響している模様。

もちろん、開発には試行錯誤もあった。4枚の画像を組み合わせると、ノイズが乗る。できるだけ露光を明るくしたいが、それだとノイズが乗りやすくなるなど、バランス調整に苦労したという。

via ITmedia + D モバイル : こうして、携帯初の静止画手ブレ補正は誕生した

特に顕著に表れるのが、接写モードで使用時。画像処理ソフトのシャープ補正をめいっぱい使ったような画質になります。

4メガピクセルカメラ : ムービーモード

こちらは満足。非常になめらかなQVGA動画が撮れます。撮影中にズームを変更できるようになったのも特徴。ただ、ズームボタンを押した直後は若干固まったようになります。

音質はやっぱり携帯のマイクという感じ。高音域はやけにシャリシャリするし、低音域は拾えていません。

iチャネル

使うことはないな、と思っていたものの、なぜか待ち受けに流れる字を追ってしまう。「無くても良いが、あると便利」な機能。ただ、テロップの流れ方が妙にカクカクしていたり、黒背景に緑の字といういかにも安っぽい配色を変更できないのは残念。

明日でお試し期間が終わりますが、有料ですし、申込みするつもりはないです。

アシストキー

便利です。ミュージックプレイヤーの起動ボタンとしても使いますし、メールの読み上げボタンとしても使います。すぐ押せる位置が良いですね。ボタン自体は小さいですが、周囲がちょっとだけへこんでいて押しやすいです。

サイドキー

閉じた状態で押すと、現在の時刻を読み上げます。この機能、N504iを使っていた頃もあってとっても便利でした。なぜ今まで付けてこなかったんだろうと思うくらい。

マルチタスク

選択方法が画面下から選ぶ方式になりました。 まだ慣れないですが、なんか1つ1つのタスクがタスクバーに収まっている印象を受けます。Linuxらしいというかなんというか。通信中にタスクボタンを押してもパッパと変わってくれるのはやっぱり改善されたレスポンスのおかげでしょうか。iアプリとiモードが分かれたのもグッド。

不満な点がiチャネルボタンと兼用なこと。待ち受け画面上で押すとiチャネルが起動してしまいます。ちなみにiチャネルはiモードタスクを使用してます。

メール・文字入力

購入してから改めて良かったと思った機能。メール一覧から選んだメール本文をプレビュー表示してくれたり、絵文字履歴が搭載されたり。さらにはダウンロード辞書候補が予測変換部分に出てきてくれるようになりました。N902iのメールの目玉機能は「おまかせデコメール」だったりしますが、実はこういう細かい点の変更の方が個人的に目玉だったりします。

変換精度は相変わらず低め。

音楽再生機能

iPodに勝る物はない、というとそれで終わってしまいますが。

iTunesと連携できるソフトを提供しているだけあって、なかなか好感が持てます。操作自体も問題なし。音質も良好。携帯にありがちな低音域の少なさもギリギリカバーできています。イコライザ設定を変えるとはっきりわかるかも。

プッシュトーク

1週間経っても902iの購入者が身近に現れず、試せませんでした。おそらく今年いっぱいしか使わないと思います。

フルブラウザ・jigブラウザ

jigは快適。動作が非常に早い。フルブラウザはロード時間が長いものの、jigブラウザでは見られないサイト(mixiなど)もカバーしています。Cookie、Refererの設定もオンオフできるのはなかなか高機能と感じました。

その他不満なところ

iモードの接続、切断が非常に頻繁になりました。メール受信(接続)、メール閲覧(切断)、返信メール送信(接続)、送信完了(切断)と、メールを受信~返信までに4回もiモード接続、切断が繰り返されます。いくら動作が速いとはいえ、接続開始が何度も出てくるとイライラします。微量の通信料がかかるところも気になります。

N902iSに期待するところ

ここまで動作が速くなったのだから、そろそろ遊び心を取り入れては?

具体的には、au端末の一部に搭載されているオープンエミーロ(携帯を開けるたびに異なった画像を表示)を付けてみたり、待ち受け時計やカレンダーの位置を変更できるようになったり。欲を言えば、秒数も表示されるようになって欲しい。

文字変換の精度もNを長い間使い続けるとクセをつかみますが、それでも1発変換を望みます。T9ダイレクトはもういいから、ATOK搭載してください。ジャストシステムさん、よろしく。

あとはカメラ。手ぶれ補正のノイズはもっと減らさないと。4メガピクセル + 26万色ディスプレイをムダにしています。

そんなこんなでつらつら書き連ねましたが、N2102VからN902iに変えて1週間使ってみた感想はこんな感じ。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!