Windows Live Messenger 2009のステータスアイコンがわかりにくい

Windows Live Messenger 2009のステータスアイコンがわかりにくい

Windows Live Messenger

Windows Messenger、Regnessem、MSN Messengerと長い間使い続けてきたマイクロソフトのメッセンジャーを、今年の3月から「Windows Live Messenger」に乗り換えたのですが、最新バージョンである2009のステータスアイコンがなんともわかりにくく、今も2008を使い続けています。

Windows Live Messenger 2009

これが2009のステータスアイコン。ステータスの種類が4つに減ったことは、多少はわかりやすくなったのかもしれませんが、アイコンがただの4色のランプになってしまい、色を覚えるまでは相手が「取り込み中」なのか「退席中」なのかわかりません。

Windows Live Messenger 2008

一方の2008。人の形をしたアイコンの右下に時計があるか、進入禁止のマークがあるかで、簡単に「席を外している状態」なのか、「PCの前にはいるけれど、応答できない状態」なのかわかります。

Windows Live Messenger 2009へのアップグレード通知

最近はサインインする度に2009にバージョンアップできるよ!という旨のポップアップが立ち上がりますが、ことごとく無視しています(できることなら、このバージョンアップ通知も切りたいくらい)。2009で追加された新機能もほとんど魅力的な物がないですし。
2008も、MSN Messengerの時と同じく、接続が遮断されるようになるまで使い続けるつもりです。

あくあぽ

1987年生まれ。IT企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン。初めてコンピュータを触ったのは3歳のとき。趣味はゲーム、動画編集、ウェブデザイン。好きなコトバは「迷ったら高い方を買う」「値段が同じなら両方買う」「明日は明日の風が吹く」

あくあぽをフォローする
ソフトウェア関連
スポンサーリンク
この記事をシェアしてくださいねっ
aquapple