Windows VistaからSambaへログインするとき、パスワードを省略する方法

Windows VistaからSambaへログインするとき、パスワードを省略する方法

Windows VistaとSambaの相性はSP1以後もあまり良くなく、接続する前にセキュリティーポリシーの変更が必要だったり、接続したら接続したで不安定になっていたりしたのですが、最近はパスワードの記憶をしてもらえず、ログインする度に入力する現象に悩まされていました。
その解決方法を見つけたのでメモ。

ユーザー アカウント

コントロールパネルから「ユーザー アカウント」を呼び出し、「ネットワーク パスワードの管理」をクリック。

ユーザー名およびパスワードの保存

出てきたウィンドウの「追加」ボタンをクリック。

プロパティ

「Sambaのサーバー名」「ユーザー名」「パスワード」を入力して「OK」をクリックします。

これで再起動すると、以後Windowsログイン時に、Sambaサーバーへ自動的にログインされるようになります。
それにしても、この設定をせずにSambaに接続しようとしたときに出るログイン画面、「パスワードの保存」というチェックボックスが無効になっているのは何故なんでしょうねぇ。セキュリティー ポリシーにも該当する項目が見あたりませんし。

あくあぽ

1987年生まれ。IT企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン。初めてコンピュータを触ったのは3歳のとき。趣味はゲーム、動画編集、ウェブデザイン。好きなコトバは「迷ったら高い方を買う」「値段が同じなら両方買う」「明日は明日の風が吹く」

あくあぽをフォローする
Windows関連
スポンサーリンク
この記事をシェアしてくださいねっ
aquapple