ATOK 2009が突然MS-IMEに切り替わったときは、該当するアプリケーションを再起動

ATOK 2009が突然MS-IMEに切り替わったときは、該当するアプリケーションを再起動

ATOK 2009

ATOK 2009を利用していると、突然日本語入力ソフトがATOKからMS-IMEに切り替わってしまうことがあります。
MS-IMEとATOKを切り替える方法は、キーボードショートカットを利用するか、何らかの原因でATOKが落ちてMS-IMEに切り替わってしまう2通りが考えられます。

地域と言語のオプション

キーボードショートカットはWindows Vistaの場合、「コントロールパネル」→「地域と言語のオプション」→「キーボードと言語」タブから変更することが出来ます。デフォルトは 左Alt + Shift キーとなっています。
このキー シーケンスを(なし)にすれば、誤ってMS-IMEに切り替えてしまうことはなくなります。

問題は後者の場合。メモリ不足や一時的にCPUに負荷が掛かった時にATOKが落ちてしまうことがあるようです。そうなった場合、今まではOSを再起動していたのですが、最近になって「MS-IMEに切り替わっているアプリケーションを終了し、再度起動すればATOKで再び入力できる」ことに気がつきました。

キーボードショートカットを(なし)にしているのにもかかわらず、突然MS-IMEに切り替わってしまった場合、あわてずにドキュメントをいったん保存してから再度開くことで、ほとんどの場合ATOKで再び入力できるようになると思います。

商品画像


あくあぽ

1987年生まれ。IT企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン。初めてコンピュータを触ったのは3歳のとき。趣味はゲーム、動画編集、ウェブデザイン。好きなコトバは「迷ったら高い方を買う」「値段が同じなら両方買う」「明日は明日の風が吹く」

あくあぽをフォローする
ソフトウェア関連
スポンサーリンク
この記事をシェアしてくださいねっ
aquapple