新作ハルヒの絵が柔らかくなっている件

涼宮ハルヒの憂鬱 第08話「笹の葉ラプソディ」

今週から全国で新作が放送されはじめている涼宮ハルヒの憂鬱。アニメーション制作は3年前と同じ京都アニメーションですが、スタッフを見ると絵コンテ・演出だった武本康弘氏が今作では団長補佐(監督)に昇格するなど、一部が変更となっているようです。

らき☆すた 第16話「リング」

© 美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす

武本康弘氏と言えば、2年前に放送されたアニメ「らき☆すた」の監督でもおなじみですが、今回のハルヒ第2期ではエンディングの絵コンテなども担当しています。

涼宮ハルヒの憂鬱 第08話「笹の葉ラプソディ」

それを代表するような絵が、エンディング最後の一枚絵。このようなダイナミックなポーズを笑顔でするハルヒは第1期では見られませんでした。

今回の柔らかい絵については賛否両論ありそうですが、私はおおむね好意的に受け止めています。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!