次期Windowsの正式名称は「Windows 7」

2010年1月に発売が予定されている、次期Windows(開発コードネームBlackcomb、後に7に)の正式名称がコードネームそのまま、Windows 7に決定したと複数のサイト(@ITInternet WatchWindows Vista 公式 Blog)が報じています。
コードネームが正式名称になるのはWindows史上初めてのことです。

7がバージョンならば1992年にリリースされたWindows 3.1以来のプロダクト名になるはずでしたが、Windows 7の由来はバージョンではなく単純に7番目のリリースだから、とのこと。Windows 7の内部カーネルバージョンはWindows Vista(6.0)をベースにした6.1を採用することがすでに決定しています。

Windows 7プレベータ版は10月末に行われる開発者向け会議PDCと、11月頭にWinHECで参加者に渡される予定です。

ちなみに、過去の主なWindowsのカーネルバージョンとプロダクト名の関係は次の通り。

リリース年 バージョン プロダクト名
1992 3.1 Windows 3.1
1995 4.0 Windows 95
1996 4.0 Windows NT 4.0
1998 4.1 Windows 98
1999 4.1 Windows 98SE
2000 4.9 Windows ME(Millennium Edition)
2000 5.0 Windows 2000
2001 5.1 Windows XP
2007 6.0 Windows Vista
2010(予定) 6.1 Windows 7

こうしてみると、Windows 95と98はバージョン的に中身が0.1しか違わなかったり、XPからVistaがいかに大幅に進化しているか、よくわかります。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!