Google Chrome 9.0リリース、WebGLに対応

Google Chrome 9.0リリース、WebGLに対応

Google Chrome

Googleは3日、自社製ブラウザ「Google Chrome」の最新版となる9.0をリリースしました。Google Chrome Releases Blogに記事も掲載されています。

Google Chrome 9.0の主な新機能は次の通り。

  • WebGLに対応
  • Google Instant機能の実装
  • Google Web Storeの開店

最後のGoogle Web Storeだけは現在アメリカ国内のみで利用が可能となっていますが、ハードウェアアクセラレーションを可能にするWebGLと、入力したそばから検索が始まるGoogle Instantについては、9.0にアップデートすれば誰でも利用することが可能となっています。

Google Chromeのアップデートは自動で行われる為、ブラウザ再起動時に随時最新版にアップデートされます。気になる方は「Google Chromeについて」からアップデートの確認が可能です。

あくあぽ

1987年生まれ。IT企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン。初めてコンピュータを触ったのは3歳のとき。趣味はゲーム、動画編集、ウェブデザイン。好きなコトバは「迷ったら高い方を買う」「値段が同じなら両方買う」「明日は明日の風が吹く」

あくあぽをフォローする
ソフトウェア関連
スポンサーリンク
この記事をシェアしてくださいねっ
aquapple