Wikipediaのdumpデータ更新チェックにはRSSが便利

Wikipediaのdumpデータ更新チェックにはRSSが便利

iPod touchとiDic

iPod touch 2.1にiDicをインストールでも触れた、Wikipediaをオフラインで閲覧できるツール「iDic」ですが、肝心のWikipediaの記事データは自前で準備しなければなりません。
といっても今では専用のツールが準備されており、Windows, Mac, Linuxなど、プラットフォームを問わずにiPhone/iPod touch用のデータに変換することが出来るようになっています(CLIベースなので多少コマンドに関する知識を必要としますが)。

WikipediaのデータはWikimedia Downloadsという専用のダウンロードページが用意されており、ここで生のSQLデータを入手できます。iDicで閲覧するために必要となるデータ「jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2」はIndex of /jawiki/latest/からダウンロードできますが、この下に「pages-articles.xml.bz2」というRSSがあり、これを購読することによって最新のdumpデータがいつ生成されたか、すぐにチェックすることができます。

dumpデータは1~2ヶ月に1度くらいのペースで更新されており、最新版(2009/01/16 14:22現在)は2009年の1月2日に生成されています。常に最新のWikipediaデータを持ち歩きたい人にはこのRSSを購読することをオススメします。

あくあぽ

1987年生まれ。IT企業に勤めるごくごく普通のサラリーマン。初めてコンピュータを触ったのは3歳のとき。趣味はゲーム、動画編集、ウェブデザイン。好きなコトバは「迷ったら高い方を買う」「値段が同じなら両方買う」「明日は明日の風が吹く」

あくあぽをフォローする
ウェブサイト&デザイン関連
スポンサーリンク
この記事をシェアしてくださいねっ
aquapple