2013年購入したWii U専用ソフト4本を振り返る

Wii U

2013年も残すところ数日となりました。このエントリーではWii Uの視点から今年を振り返って見ます。

掲載基準

基準はWii U専用ソフトでパッケージ版、ダウンロード版問わず掲載しています。なお、体験版やバーチャルコンソール、ゲームでは無いダウンロードソフトは除外しています。

2013年7月購入

ピクミン3

ピクミン3

商品画像

ピクミンシリーズ初プレイで購入した今作。詳しいレビューはWii U用ソフト「ピクミン3」ファーストインプレッションを参照のこと。

美しい風景と、その上をちょこまかと動き回るピクミンはWii UのHD解像度を存分に活かした作品です。ストーリーモード終了後も、追加ステージが配信されており、もうしばらく遊べそうです。

2013年10月購入

Wii Fit U(キャンペーン版)

Wii Fit U

今年最も期待していたゲームソフトです。思えば、2012年のE3でWii Fit Plusの続編として開発が発表されてから1年半。待ちに待った発売となりました。

パッケージ版とダウンロード版の発売は2014年2月ですが、今回購入したキャンペーン版はバランスWiiボードを持っていれば、無料で30日間利用することが可能。

30日間の体験終了後はフィットメーターを購入すれば、そのまま製品版と同等に遊べるため、体験版の例外として掲載しました。

2013年11月購入

Wii Sports Club(テニス・ボーリング)

Wii Sports Club

個人的には今年の大穴とも言えるソフトです。2006年にWiiと同時発売された「Wii Sports」がHDリメイクされ、Wii Uでダウンロード専用ソフトとしてリリースされました。

7年前、Wiiを購入した理由は今までに無い体感型のゲームを自宅で楽しめるからでした。そして、その体験をいち早く味わうことができたのが、Wii Sportsでした。

その続編がWii Uで配信されるとは思っていなかったので、7年前の新鮮さを思い出させてくれました。

スーパーマリオ 3Dワールド

スーパーマリオ 3Dワールド

商品画像

ピクミン3クリア後に購入したソフトがスーパーマリオ3Dワールド。NINTENDO 64時代の「スーパーマリオ64」が大好きで、それと似た世界観に期待して購入したところ・・・期待以上の出来でした。

なんと言ってもBGMが旧作〜最新作のアレンジで構成されていること。「WORLD 1-4 プレッシーのザブンリバー」でスーパーマリオ64のスライダーのアレンジが流れてきたときは鳥肌が立ちました。まだプレイ時間は10時間程度。全ステージクリアまでは行っていませんので、来年も引き続きプレイすることになりそうです。

2013年12月購入

Wii Sports Club(ゴルフ)

Wii Sports Club

12月に入ってから、Wii Sports Clubに「ゴルフ」が追加されました。こちらも前作をプレイ済みなので迷わずダウンロード。

Wiiモーションプラス専用になったため、ショット時の微妙な角度でカーブが掛けられるようになっています。慣れるまではイーブンパーで回るのがやっとと行ったところでしょうか。

おまけ・検討したものの、購入を見送ったソフト

ここからは購入までは至らなかったソフトをご紹介。

ゲーム&ワリオ

ゲーム&ワリオ

商品画像

ワリオシリーズといえば最初にプレイしたのはゲームボーイカラーの「ワリオランド2 盗まれた財宝」だった。その後、メイドインワリオシリーズが登場し、ニンテンドーDSの「さわるメイドインワリオ」まではプレイ済み。今作も購入しようか迷いましたが、仕事が忙しい時期だったのでプレイ時間が確保できず、結局購入できませんでした。

The Wonderful 101

The Wonderful 101

商品画像

こちらは前評判を知らなかったので、ピクミン3プレイ後、Wii Fit U発売前に購入しようか迷ったソフト。国産ゲームとしての評価がかなり高かったため、実際に体験版もダウンロードしてプレイし、おもしろさを実感。

一時は本当に購入しようと思いましたが、検討している内にWii Fit Uが発売されてしまい結果的にピクミン3とWii Fit Uの発売の穴を埋めることは出来ませんでした。

体験版が配信されているので、Wii Uをお持ちの方はまずはプレイしてみることをおすすめします。

運命の洞窟 THE CAVE

運命の洞窟 THE CAVE

こちらはダウンロード専用ソフト。The Wonderful 101と同じく、体験版が配信されているためプレイしてみました。

謎解きアドベンチャーというジャンルではありますが、謎解き要素はさほど難しくなく、初見でも5分考えれば先へ進めるものがほとんどでした。さくさくプレイできたこと、価格が1,000円と割安だったため、購入も検討しましたが、後にMac App Storeで300円という破格で売りに出されていることに気がつき、Wii U版は購入に至りませんでした。

App 画像

というわけで2013年は4本のWii Uソフトを購入しました。おもしろさの順番で並べるとすると、次の通りでしょうか。

  1. スーパーマリオ3Dワールド
  2. ピクミン3
  3. Wii Fit U
  4. Wii Sports Club

Wii Sports ClubとWii Fit Uは前作をプレイ済みのため、必然的におもしろさはほかの2本には劣りますが、どちらも買って後悔はしていません。というより、「ゲームクリア」がない作品でもあるので、長期的な視点で見れば上位2本よりも長く楽しめそうです。

2013年購入のニンテンドー3DS専用ソフトについては2013年購入したニンテンドー3DS専用ソフト3本を振り返るをどうぞ。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!