任天堂「Wii U システムアップデート 3.0.0」リリース、MiiverseをWebブラウザからも利用可能に

Wii U

任天堂は26日、Wii UのシステムアップデートVer. 3.0.0をリリースしました。Wii UのシステムアップデートはVer. 2.1.0、2.1.3に続いて3度目となります。

Ver.3.0.0の新機能は次の通り。

電源OFF時の動作機能の追加

  • 本体更新のダウンロード中に電源をOFFにしても、自動でダウンロードをできるようにしました。
  • ソフトのダウンロードまたはインストール中に電源をOFFにしても、自動でダウンロードとインストールをできるようにしました。
  • ソフトの更新データや追加コンテンツのダウンロード中に電源をOFFにしても、自動でダウンロードとインストールをできるようにしました。

Wiiメニュー』を直接起動する機能の追加

  • 本体起動時のWii Uロゴが表示されている間に、Wii U GamePadやWiiリモコンのBボタンを押し続けると、直接『Wiiメニュー』に移動するようにしました。

『本体設定』の更新

  • 「データ管理」で2台のUSB記録メディアを接続して、データを移動またはコピーできるようにしました。本体保存メモリーとUSB記録メディア間、もしくは2台のUSB記録メディア間で、データの移動またはコピーが行えます。
  • 「データ管理」で対象となるソフトを複数選択して、データを移動、コピーまたは消去できるようにしました。
  • 「テレビ」でTVに出力する画面の大きさを調整できるようにしました。
  • 「自動電源OFF」を「電源の設定」に変更しました。自動的に電源をOFFにする機能や、電源OFF時の動作機能は、この設定で有効・無効の切り替えを行えます。

『Miiverse』の更新

  • Wiiリモコン、Wii U PROコントローラー、クラシックコントローラの操作に対応しました。
  • 投稿の手書き入力画面をTVにも表示するようにしました。
  • 投稿の手書き入力画面で、直前の操作をキャンセルできるようにしました。

『ニンテンドーeショップ』の更新

  • ダウンロードソフトに更新データが配信されている場合は、そのソフトの購入時、更新データも同時にダウンロードするようにしました。

『インターネットブラウザー』の更新

  • Wiiリモコン、Wii U PROコントローラーの操作に対応しました。
  • キーワード検索時に検索エンジンを切り替えられるようにしました。

『ダウンロード管理』の更新

  • 新規購入したダウンロードソフトは、ダウンロード完了後に自動的にインストールするようにしました。
  • ダウンロード中のデータが複数ある場合に、ダウンロードの順序を変更できるようにしました。

『保護者による使用制限』の更新

  • 「配信動画の視聴制限」の項目を「ゲーム以外のソフトの使用」に変更しました。

システムの安定性や利便性の向上

  • より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上しました。

Miiverse

また今回のアップデートと併せて、Wii U本体で利用できるSNS、「Miiverse」がWebブラウザから利用できるようになりました。Wii Uの内蔵ブラウザはもちろん、iPhoneなどのスマートフォンなどからも利用が可能になっています。アクセスはMiiverse – わらわら広場 | Nintendoから。

アップデートはWii Uがインターネットに接続されていれば自動で行われます。アップデートにかかった時間はダウンロードに30分、インストールに10分ほど。ダウンロードはバックグラウンドで行われるため、起動時にアップデートが始まる場合もあります。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!