Twitter「Twitter for Mac」を2年ぶりに更新、Retina・日本語をサポート

Twitter for Mac

Twitterは25日、Mac用クライアントの「Twitter for Mac」をアップデートしました。Twitter Blogも更新されています。Mac版クライアントのアップデートは実に2年ぶりとのこと。

バージョン2.2の新機能は次の通り。

  • Photos: It’s easier than ever to share photos. Simply click the camera icon in the lower-left corner of the Tweet compose box, and choose a photo to share. If you prefer, you can still drag and drop photos from the desktop.
  • Retina display support: Now Twitter is even more vibrant and detailed on the highest resolution Mac notebooks. With this update, Tweets will be clearer and sharper, creating a more vivid experience.
  • 14 more languages: In addition to English, Twitter for Mac now supports Dutch, French, German, Indonesian, Italian, Japanese, Korean, Malay, Portuguese, Russian, Simplified Chinese, Spanish, Traditional Chinese, and Turkish.

via New improvements to Twitter for Mac | Twitter Blog

まずは「写真共有が簡単になった」こと。新しいアプリでは左下にカメラアイコンが追加され、そこからそのまま画像の投稿が可能になりました。

そして2つ目が「Retinaディスプレイのサポート」。MacBook Pro Retinaディスプレイモデルで見た際に外観がぼやけていましたが、今回のアップデートで美しいRetina解像度でアプリケーションを利用することができるようになります。

そして3つ目が「日本語を含む14言語のサポート」です。これまでは日本語版Mac OS Xを利用していてもアプリケーションの画面は英語で表示されていましたが、今回のバージョンから正式に日本語化されます。

また、今回のアップデートで、iOS版Twitterアプリを開発していたBen Sandofsky氏がMac版の開発に注力することも併せて発表されています。Mac版のTwitterアプリはiOS版に比べてまだまだ数も少ないですし、今後公式アプリがどんな機能を搭載してくるか、一つの試金石となりそうですね。

ダウンロードはMac App Storeから。価格は今までと変わらず、無料となっています。

App 画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!