コンデジ「GR DIGITAL IV」用に「Eye-Fi Pro X2 8GB」を購入

GR DIGITAL IV

先日のマクロに強いと評判のコンデジ、リコー「GR DIGITAL IV」を注文の購入理由の一つ「Eye-Fi対応」を利用するため、ワイヤレスメモリーカード「Eye-Fi Pro X2 8GB」を注文しました。

Eye-Fi カード

Eye-Fiカードは全部で4つのラインアップがありますが、私は「Eye-Fi Pro X2 8GB」をチョイスしました。その理由は次の2つです。

  • RAWファイルの転送に対応していること
  • ジオタグの付加に対応していること

これら2点はどちらもEye-Fi Proのみに付いている機能[1]で、GR DIGITAL IVはRAWでの撮影をデフォルトとする予定のため、必然的に「Eye-Fi Pro X2 8GB」一択となりました。

Eye-Fi Pro X2 8GB

そしてこちらが届いたEye-Fi Pro X2 8GBのパッケージ。パッケージウィンドウにはSDカードが見えます。

Eye-Fi Pro X2 8GB

ところが、このSDカード。よく見ると紙で出来ています。

Eye-Fi Pro X2 8GB

本物のSDカードはパッケージを完全に引き出すと、SDカードリーダーに刺さった状態で出てきます。演出が細かいですね。

Eye-Fi Center

Eye-Fiカードの設定をするにはWindows PC/Macに「Eye-Fi Center」のインストールが必要です。インストーラーはEye-Fiカード自身に収録されていますので、そちらを利用するのが手っ取り早いです。

Eye-Fi Center

スクリーンショットではiPhoneとiPadをリンクさせていますが、これは「iPhoneにはRAWファイル」を、「iPadにはJPEGファイル」を転送させるためです。1つのファイルを2つ以上のデバイスにアップロードすることはできません。

iCloud

が、iPadとiPhone、そしてMacはiCloudで繋がっているので、iPhoneに転送されたRAWファイルも、iPadに転送されたJPEGファイルもiCloudの「フォトストリーム」機能によって自動的にiPhone/iPad/Macに転送されます。

「1枚のSDカードをカメラから取り出すこと無く、3つのデバイスに自動的にコピーできる。」これだけでもEye-Fiカードを買う価値は十二分にあると思います。実際にGR DIGITAL IVで使ってみた感想は次のエントリーでご紹介します。

商品画像

  1. ジオタグについては他のEye-Fiカードでも2980円で機能の追加が可能 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!