2012年F1グランプリ 第7ラウンド「カナダ」

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

2012年F1シーズンも第7戦目。
カナダのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはタイヤ戦略がものを言いました。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

コースレイアウトは例年と変わらず。DRSゾーンが2011年の2カ所から、1カ所に変更になりました。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

決勝レースのスタート順位は次の通り。ベッテルがポールポジションからのスタートとなります。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

ベッテルのスタート滑り出しは成功。昨シーズンまでは「DRSが解禁になる3周目までに後続のとの距離を1秒以上に広げる」逃げ切り戦略を徹底していたベッテルですが・・・。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

17周目に先頭集団の中でいち早くピットイン。ピットアウトしたときには5位まで順位を落とします。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

18周目には2位スタートのハミルトンに逆転を許します。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

ハミルトンは51周目に2回目のピットイン。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

この時点で、まだピットインを1回しか行っていない2位ベッテルとの差は10秒以上ありました。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

ここからハミルトンの猛追が始まります。55周目には約8秒あったギャップが59周目にはわずか3秒に。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

タイヤの摩耗に苦しむベッテルをDRSを使って62周目にパス。ハミルトンが2位に浮上します。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

タイヤが完全に摩耗してしまったアロンソは64周目にトップから陥落。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

さらに、同じワンストップ作戦を敷いている予選15位のペレスにも猛追を受けてしまったアロンソ。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

68周目についに逆転。ペレスは今シーズン2回目の3位表彰台を獲得しました。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

ハミルトンはそのまま逃げ切り優勝。今シーズン7人目のウィナーが誕生しました。

2012 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

決勝の結果は次の通り。ポールポジションのベッテルは結局4位入賞となりました。昨シーズンまでと同じ戦い方では勝てない、タイヤ戦略が鍵となる象徴的なレースとなりましたね。

次節は再びヨーロッパ、バレンシア市街地コースへと舞台を移します。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!