SEGAのニンテンドー3DS用ソフト「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」がおもしろそう

ニンテンドー3DS

そういえば本体だけ買ってソフトを買っていなかったニンテンドー3DS。アンバサダープログラムのおかげで、過去のバーチャルコンソールで相当遊ぶことが出来たのですが、そろそろ3DS専用ソフトを買ってもいいのかなと思い、ニンテンドーeショップの体験版を漁っています。そんな中、おもしろそうなゲームを見つけました。

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産

それがセガから発売されているリズムゲーム「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」です。キャッチコピーは「感情揺さぶる、リズムゲーム。」。ストーリーを50種類以上のリズムゲームで進める変わったゲームです。

■◆■パリを舞台に繰り広げられる謎とドラマ■◆■
舞台はフランス・パリ。何者かによって皇帝ナポレオンの棺が盗み出されるという事件が発生した。
それから3年。主人公の少年は“怪盗R”と名乗り、父親失踪の真相をつきとめるため
様々な場所に忍び込んでは美術品を盗み出し、数日後には返却していた。
ある時、父親が残した唯一の手がかりである紋章が刻まれていた「ティアマトの腕輪」を
ルーヴル美術館から盗み出そうとしたことがきっかけで、怪盗Rをとりまく物語が動き出す。

via Amazon.co.jp: リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産 特典:『リズム怪盗R』スペシャル・セレクションCD 付き: ゲーム

リズムゲームというと、コナミのbeatmaniaシリーズのようないわゆる「音ゲー」や任天堂のリズム天国のようなタイミングに合わせてボタンを押す「ノリ感ゲーム」がありますが、本作はノリ感ゲームにストーリー要素を加えたような形になっています。

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産

リズムゲームの種類が50もあるということで、その中身も多彩です。タッチパネルを使って線を書いたり、ボタンを使ったり、ジャイロセンサーを使って本体を傾けたり。

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産

結果がランクで表示される点は音ゲーに近いかもしれません。

ニンテンドーeショップの体験版ではストーリー部分に触れることは出来ませんが、多彩なリズムゲームと謎解き要素を絡めたおもしろそうなゲームではあります。思えば、あのリズム天国もアーケード版はセガが開発していましたね。ところどころ「あ、リズム天国っぽい」と思うところもあったので、そういったノウハウも本作に使われているのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!