ジャストシステムの「ATOK 2012 for Windows」はパスしてATOK Passportに移行しようか迷う

ATOK 2012

ここ数年は毎年のように購入しているジャストシステムの日本語入力システム「ATOK」。今年も最新バージョン2012が発表されていました。今年も購入するつもりでいたのですが、例年に無い新サービスがそのお布施を足止めしています。

ATOK Passport

それが2011年11月からサービスを開始している月額300円でWindows/Mac/Android版ATOKが使える「ATOK Passport」です。パッケージ版のATOKは「同一ユーザーが同時に使用しないこと」を条件に2台のパソコンにインストールが許可されています。一方のATOK Passportは「14日に1度インターネットに接続できる環境」であれば月額300円で10台へのインストールが可能となっています。

iMac

これまでATOKを利用してきたのはすべてWindows PCだったのでパッケージ版のATOKを複数台にインストールしてきたのですが、2011年12月にiMacの導入を機にMacの使用率も急上昇しています。すでにMac上のWindowsにはATOK 2011をインストールしていますが、MacとWindowsで変換の癖が違うことやキーバインドが違うことがストレスとなっていました。

Mac版のATOKは毎年Windows版から半年~1年遅れで最新バージョンにアップデートされていることを考えると、常に最新版のATOKを利用できる「ATOK Passport」はかなり魅力的なサービスです。加えて月額300円=年間3,600円で複数台利用できることを考えると、今更パッケージ版を買い続けるメリットは無いのかなと思ってしまいます。

強いてATOK Passportのデメリットをあげるとすれば以下でしょうか。

  • 専用の辞書が付属する「プレミアム」バージョンがATOK Passportには用意されていない
  • 14日に1度のインターネット接続が必要
  • これまでATOKを購入するためだけにためてきたJust MyShopのポイントが利用できない

Just MyShop

特にJust MyShopのポイントは1,000円以上の買い物にしか利用できないのでATOK Passportを契約し続ける限り使い道がないというのが一番のデメリットに感じています。ATOK Passportに年間契約が無いのもこのポイントを使わせないためなのかな、と思ってしまったり。

もう1週間くらい考えてからATOK 2012を予約するかATOK Passportに移行するか結論を出したいと思います。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!