SSDへのMac OS X Lionの再インストールでハマる

Mac OS X Lion Installer

ふと思うところがあって、Mac OS X Lionの再インストールを行っていたのですが、思わぬところではまってしまったので個人的なメモ代わりにエントリーにしておきます。

それは、「SSDのパーティションを切り直してLionの再インストールが出来ない」というもの。
そもそも、ことの始まりはこんな感じでした。

  1. iMacにSSDを増設
  2. 増設後のSSDにOS Xをインストールするため、command + Rキーを押してリカバリーモードで起動
  3. SSDのパーティションを2つに切り、そのうちの1つにLionをインストール
  4. SSDからの起動を確認、HDDにインストール済みのLionを削除

この状態でLionを再インストールしようとした場合、optionキーを押しながら電源を入れてRecovery Diskを起動し、そこからLionの再インストールを行えば良いのですが、ここで「インストール済みのSSDのパーティションを変更しようとする」と「ディスクのマウントを解除できません」というエラーが出てしまいます。

そもそもリカバリ領域から起動しているので、SSDのフォーマットができないはずがないのですが、何度やってもいっこうにマウントの解除に成功しません。結局どのように対処したかというと…

  1. optionキーを押しながら電源を入れて、Recovery Diskを起動
  2. いったんHDDにインストール
  3. HDDからの起動を確認後、ディスクユーティリティからSSDをフォーマット
  4. 再起動後Recovery Diskを起動し、SSDにインストール

ポイントは、SSDのフォーマットをするために一度HDDにLionをインストールすること。インストール時間は2倍になってしまいますが、こうしないとSSDのマウントが解除されず、いつまでたってもフォーマットに成功しませんでした。LionがCDブートできればもっと簡単にできるような気もしますが…メディアがないリカバリもいいことばかりでは無いですね。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!