プラス210円でiモードメールがiPhoneで送受信が可能になる「imoten」

imoten

docomoとauのiPhone 4Sの2台持ちになってからまもなく2ヶ月になります。最近はdocomoの方は着信専用になっており、ほとんど触らなくなっています。そのおかげか、バッテリーが1週間経っても切れなくなりました。

docomoの方を劇的に使わなくなった理由が「iPhoneでもdocomoメールの送受信を行う方法がある」ことを知ったためです。通話の方はiPhone 4Sと2台持ちをするためにドコモの料金プランを「メール使いホーダイ」に変更しましたで触れたとおり、iPhoneに一本化していたのであとはメールをどうにかしようと検討していました。

iモード.net

先の記事でも触れたとおり、iモード.netという月額210円のサービスを利用すれば、docomoのメールをブラウザ(PCやiPhoneのSafari等)から利用できます。ただし、新着確認をするにもいちいちブラウザを立ち上げなければならず、快適とは言いがたい環境でした。

iPhoneには標準でMail.appが内蔵されているので、これでどうにか送受信できないものかと模索していたところ、まさにこの要求をかなえてくれるソフトウェアを見つけました。それがimotenです。

imotenの主な機能は次の通り。

  • Mail.appを使いiモードメールの受信が可能に
  • SMTPサーバ機能を利用すればiモードメールの送信も可能に
  • Pushアプリと組み合わせれば疑似プッシュで新着メールが確認可能に
  • ガラケーとの絵文字相互変換機能を搭載

このソフトウェアとiモード.net、そしてJavaが動くプラットフォームさえあればiPhoneのMail.appでdocomoのメールアドレスを利用できるようになります。ソフトウェアの初期設定はサイトに詳しく描かれているので、サーバの構築経験がある方はそれほど難しくないかと思います。

ちなみにこの「imoten」、ソフトの名前の由来は「"imo"de.netのメールをSMTPで"転"送するプログラム」の略から来ているみたいですね。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!