iPhoneを接続してもiTunesの同期が開始されないときは、iTunesHelperプロセスを再起動

iTunes Helper.exe

iPhoneを接続した時に、USB機器の接続音は鳴るものの、iTunesが起動しなかったり、iTunesのデバイス欄にiPhoneが表示されないことはありませんか?私の環境ではスリープ復帰後のWindowsマシンにiPhone 4Sを接続したときにこの現象に遭遇するときが多いです。

Windows シャットダウン

その現象に遭遇したとき、今まではいったんiPhoneの接続を解除した後、OSの再起動を行っていました。iTunesとiPhoneを同期するためだけにわざわざ数分かけて再起動するのも面倒なので、iTunesのプロセス周りを疑っていたところ、解決方法を見つけたのでメモしておきます。

iTunes Helper.exe

原因の大本は「iTunesHelper.exe」にありました。このアプリケーションを再起動すれば、iTunesがiPhoneを確実に見つけ出してくれます。具体的には

  1. iPhoneの接続を解除
  2. iTunesが起動している場合は終了する
  3. タスクマネージャからiTunesHelper.exeプロセスを終了させる
  4. iTunesインストールディレクトリにあるiTunesHelper.exeをダブルクリックして起動させる
  5. iPhoneを接続し直す

iTunesHelperはiPodとの接続まわりを監視するアプリケーションです。iPhoneもこのアプリケーションを利用してiTunesへの接続有無を判断しているようで、これを再起動するだけで大丈夫でした。

というわけで、iPhoneを接続してもiTunes側で同期が自動的に始まらない場合は、このプロセスの再起動を試してみてください。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!