アップル「iOS 5.0.1 for iPhone/iPod touch/iPad」リリース、バッテリー消費問題を修正

iOS 5.0.1ソフトウェアアップデート

アップルは11日、iPad向けを含む「iOS 5.0.1」をリリースしました。対象となるのはiPhone 3GS/4/4Sと第3世代以降のiPod touch、そしてiPad/iPad 2です。

iOS 5.0.1 for iPhone/iPod touch/iPadの主な修正点は次の通り。

  • バッテリーの連続駆動時間に関する問題を修正
  • iPad(第一世代)のマルチタスキングジェスチャーを追加
  • “Documents in the Cloud”機能に関する問題を修正
  • オーストラリア英語による音声入力時の認識精度が向上

初代iPad向けのマルチタスキングジェスチャーの追加を除けば主だった新機能の追加はなく、細かなバグフィックスが中心となっています。アップデータの容量は813MB。

アップデートはいつもの通りiTunes内の「更新」ボタンからのほか、iOS 5.0からのアップデートの場合は次の2つの条件を満たしていれば、デバイス単体でのアップデートが可能です。

  • Wi-Fi環境に接続していること(3G経由は不可)
  • バッテリー残量が50%以上あること、50%未満の場合は電源に接続されていること

iOS 5.0.1

iOS 5.0.1アップデートが可能になると設定アイコンに通知が表示されるようになります。これまで設定アイコンに通知バッジが表示されることは無かったので、これはこれで新鮮な感じがしますね。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!