iPhone 4Sの目玉機能「Siri」に「Hi, Steve」と話しかけると…

Siri

iPhone 4Sの目玉機能の一つが音声アシスタント「Siri」です。現在のところ英語、フランス語、ドイツ語の3カ国語が対応しています。日本語には現時点では対応していませんが、アップル公式サイトによると、2012年には日本語にも対応となるようです。

In 2012, Siri will support additional languages, including Japanese, Chinese, Korean, Italian, and Spanish.

via Apple – Siri – Frequently Asked Questions

そんなSiriですが、中学生レベルの英語でもちゃんと会話をすることが出来ます。いくつか試してみました。

やぁスティーブ!

Siri

「こんにちは!」と挨拶を返してくれます。さらに、「ホームボタンを押さなくても私を呼び出せるよ。ディスプレイが点灯しているときに耳にiPhoneを当てて話しかけてごらん」とアドバイスまでしてくれます。次はちょっとかしこまってみました。

こんにちはスティーブ!

Siri

こちらも「やぁ」と挨拶を返してくれます。つい癖でスティーブなんて呼んでしまいましたが、名前を聞くのを忘れていました。

あなたはだれ?

Siri

「私はSiri。でも私のことについて話すのは好きじゃないんだ」との返事。Siriにはスティーブの魂が宿っているなんてユーモア記事もありましたが、これを聞くと本当にSiriはスティーブなのではないかと思ってしまいます。次はSiriにも気さくに話しかけてみます。

やぁ、Siri!

Siri

「やぁ」と短い返答。さっきの質問に怒ったのかと思い、ご機嫌を伺ってみます。

調子はどうだい?

Siri

「いいみたい」と返ってきました。それではいよいよSiriのアシスタント機能を試してみます。

東京の天気を教えて!

Siri

「これが今日から木曜日にかけての東京の天気予報さ。」とネットから結果を持ってきます。文語ではなく、「Weather Tokyo」と単語で区切っても大丈夫でした。

仙台の天気はどうだい?

Siri

「たぶん、傘がいると思う」と回答。まさしく翌日の天気は雨でした。最後にお礼を。

教えてくれてありがとう!

Siri

「いえいえ。どういたしまして」と会話になりました。

これまでの音声認識といえば、せいぜい言った単語で検索したり、結果ページが表示されたりするだけでしたが、Siriの場合は結果と一緒に返事も返してくれるので、まるで本当にiPhoneと会話をしているような気分になれます。
来年には日本語にも対応するとのことですが、果たしてその精度やいかに。しばらくは自分の英語のイントネーションチェックも兼ねて、Siriと楽しく英会話したいと思います。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!