Wi-Fi運用を前提に、最低月額料金で「iPhone 4S」を契約してみました

iPhone 4S

国内でも10月14日にiPhone 4Sが発売になりましたので、私もauで契約してきました。

今回、auで契約した理由は大きく2つあります。

  • ソフトバンクのネットワーク網に満足していないiPhoneユーザーが周りに多数いたこと
  • ソフトバンクでは必須契約となっている「パケット定額サービス」の契約が、auでは任意であること

特に嬉しいのが2点目の「パケット定額サービス」が必須でないこと。このメリットを最大限享受すべく、私は以下のプランで契約を行いました。

区分 名称 料金
料金プラン プランEシンプル 780円
オプションサービス 指定通話定額 390円
その他 ユニバーサルサービス料 7円
合計 1,177円

実際には指定通話定額はオプションとなっていますので、最低月額料金だと787円という低料金でiPhoneを使うことが出来ます。モバイルWi-Fiルータをお持ちの方は月787円で運用するというのもありだと思います。

なお、今回はIS NETも契約していないので「@ezweb.ne.jp」のアドレスも付与されていません。元々メールはGmailに一本化するつもりでしたので、今更キャリアメールにこだわりがなかったというのも付けなかった理由の一つです。

モバイルデータ通信

今回のプランはWi-Fi運用を前提としていますので、端末を受け取ったらまずは設定メニューのネットワークにある「モバイルデータ通信」をオフにする[1]必要があります。パケット定額サービスに入っていない以上、3G通信が行われた場合のパケット通信料金は青天井となりますので、その点だけはご注意を。

参考までに「iPhone 4S 64GBモデルを新規契約」という条件の下で、毎月割の利用条件を満たした場合の支払いイメージと、今回のようにWi-Fi運用前提で2年間利用した場合の支払い表を記載しておきます。

プランEシンプル+ISフラットで2年使用した場合

区分 名称 料金
本体代金 iPhone 4S 64GB 72,000円
料金プラン プランEシンプル 18,720円
ネットワーク接続サービス IS NET 7,560円
パケット定額サービス ISフラット iPhoneスタートキャンペーン 119,520円
その他 ユニバーサルサービス料[2] 168円
割引サービス 毎月割[3] -51,360円
総支払額 166,608円

プランEシンプル+Wi-Fiで2年使用した場合

区分 名称 料金
本体代金 iPhone 4S 64GB 72,000円
料金プラン プランEシンプル 18,720円
ネットワーク接続サービス au.NET[4] 0円
パケット定額サービス 契約なし(既存のWi-Fi端末を利用) 0円
その他 ユニバーサルサービス料[5] 168円
割引サービス 毎月割[6] -0円
総支払額 90,888円

表を見ればお分かりかと思いますが、ISフラットに加入しない場合は毎月の請求から一定額割引される「毎月割」の適用対象外となります。同様に、MNPでiPhone 4Sを契約した場合の「キャッシュバックキャンペーン」も、同様の理由からキャッシュバック対象外となります。

こうしてみると、「毎月割」で本体の実質価格が2万円になると謳っていても、その多くはパケット通信料金で補填されているのがよくわかるかと思います。すでにWi-Fi環境をお持ちの方はもちろん、まだWi-Fi端末をお持ちでない方も、パケット通信を契約せず毎月割も諦めて浮いた7.5万円を上手に活用すれば、3G通信よりも高速なWi-Fi環境を手に入れることが出来るのではないでしょうか。

商品画像

  1. モバイルデータ通信をオフにした場合、SMS(i)の送信とインターネット接続が出来なくなりますが、通話は可能です [back]
  2. 1ヶ月あたり7円で計算 [back]
  3. iPhone 4S 64GBモデルを新規契約した場合の割引総額 [back]
  4. IS NET未契約者が強制加入するサービス。パケット通信利用月のみ525円、利用なしの場合は0円 [back]
  5. 1ヶ月あたり7円で計算 [back]
  6. 「ISフラット」に申し込んでいないため、適用対象外 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!