Firefox 6.0リリース

Firefox 4.0

Mozillaは21日、Webブラウザの最新版となるFirefox 6.0をリリースしました。Mozilla Firefox 6.0のリリースノートによると、主な新機能は次の通り。

  • ロケーションバーで、開いている Web サイトのドメイン名を強調表示するようにしました。
  • ロケーションバー左端にある サイトアイコン表示領域のデザインをシンプルにしました。
  • WebSocket API の最新草案版に 接頭辞付きで対応しました。
  • EventSource / Server-Sent イベント に対応しました。
  • window.matchMedia に対応しました。
  • インタラクティブな JavaScript プロトタイピング環境「スクラッチパッド」を追加しました。
  • [Web 開発] メニューを新設し、開発者向けツールをその中にまとめました。
  • Web コンソールの使い勝手を改善しました。
  • Firefox Sync の設定をより見つけやすくしました。
  • タブグループ使用時のブラウザ起動時間を短縮しました。
  • いくつかの安定性に関わる問題を修正しました。
  • いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。

Firefox 5.0.1を利用しているならば、48時間以内に自動通知が来るとのこと。今すぐアップデートしたい場合はヘルプメニューの「ソフトウェアの更新を確認…」から手動アップデートが可能です。

2011年6月にFirefox 5.0がリリースされてから3ヶ月でのメジャーバージョンアップとなりました。

新バージョンはどのぐらいの周期で公開されますか?

6 週間ごとに公開します。ただし Firefox 5 から Firefox 6 までは例外的に 8 週間の間隔となります。

via 次世代ブラウザ Firefox – 高速リリースサイクルに関するよくある質問

今回のバージョンアップは例外的に8週間間隔となりましたが、Firefox 7以降は原則6週間ごとにメジャーバージョンアップが行われることになっています。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!