Mac OS X 10.6.7向けのセキュリティーアップデートを配信

Snow Leopardロゴ

Snow Leopardにアップデートが配信されています。今回配信されたバージョンは10.6.7向けのセキュリティーアップデート「Security Update 2011-003」で、偽セキュリティソフト「MacDefender」の検知・削除機能を持っています。

About Security Update 2011-003によると、今回のアップデート内容は次の通り。

  • File QuarantineにMacDefenderの定義ファイルを追加
  • マルウェアの定義ファイルを自動更新する機能を追加
  • MacDefenderを検知した場合、削除する機能を追加

このうち、2番目の自動更新機能については、ユーザーが設定を変更することにより無効にすることも可能となっています。アップデートはいつもどおりメニューバーの「ソフトウェアアップデート」から。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!