2011年F1グランプリ 第7ラウンド「カナダ」

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

2011年F1シーズンも第7戦目。
カナダのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはウェットコンディションでのスタートとなりました。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

予選では13位に沈んだ小林可夢偉。ここまで6戦連続のポイントを獲得しています。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

雨のためセーフティーカースタートとなった今レース。5周目に抜けるも、8周目にバトンとハミルトンが接触し、再びセーフティーカーが入ります。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

ハミルトンはリタイア。一方、事故の原因を作ったとされるバトンはドライブスルーペナルティを課されます。

地上波での放送は、此の後降り出した大雨による2時間のレース中断の影響もあり、途中で打ち切られましたが、優勝したのは結局バトンとなりました。ベッテルは最終ラップでかわされ2位に。小林可夢偉は7位フィニッシュとなりました。

次節はヨーロッパ、バレンシア市街地コースに舞台を移します。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!