2011年F1グランプリ 第6ラウンド「モナコ」

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

2011年F1シーズンも第6戦目。
ヨーロッパグランプリ3戦目はモナコのモンテカルロ市街地コースでした。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

現役歴代チャンピオンの中で、唯一モナコでの優勝がないベッテル。今回も先行逃げ切りで予選トップをもぎ取りました。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

一方、日本人ドライバー小林可夢偉はマシンセッティングに悩み、予選は12位からのスタート。しかし、見事なワンストップ作戦で過去最高の5位フィニッシュを決めました。

2011 FORMULA ONE

© Fuji Television Network, Inc.

レースを制したのはレッドブルのベッテルでした。ドライバーズランキングで早くも飛び出したベッテル、このまま逃げ切りは続いていくのでしょうか。

今レースでは初めてピレリのスーパーソフトタイヤが投入されました。チームによってはワンストップからスリーストップまで、ピット戦略が大きく分かれたレースとなりました。次回はカナダ、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットに舞台を移します。このサーキットではDRSを使えるゾーンが2カ所設置されることが決定されており、さらなるオーバーテイクが楽しめそうです。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!