CASIO「EXILIM EX-H20G」ハイブリッドGPS機能レビュー

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

EXILIM EX-H20G

カシオが2010年11月に発売した最新モデルのデジタルカメラ「EXILIM EX-H20G」をお借りしましたのでレビューをお届けします。今回は目玉機能である「ハイブリッドGPS」についてレビューしてみます。

EXILIM EX-H20G

上部についているのが「ハイブリッドGPS」。通常のGPSに加え、GPS衛生電波の届かないところでも内蔵のモーションセンサーによって位置情報を取得できる機能となっています。EX-H20Gの最大の特徴とも言えるこの機能ですが…。

EXILIM EX-H20G

デフォルト設定ではオフになっています。メニュー→設定→GPSからGPSをオンにすると…

EXILIM EX-H20G

10秒程度で現在位置が表示されます。GPS内蔵ケータイだと衛星の捕捉に20秒程度かかっていたので、この速さには驚きました。しかもこの画面を撮影しているのは屋内です。携帯だと屋内の場所によっては現在位置を取得できないこともあったので、思った以上に高性能のGPSセンサーが内蔵されているようです。

EXILIM EX-H20G

また簡易の地図も収録されています。自分が撮影した画像を地図上に表示できる「ユーザー画像モード」とあらかじめ有名な観光スポットが収録されている「撮影スポットモード」の2種類があります。

EXILIM EX-H20G

撮影スポットモードにはあらかじめ約1万件の景勝地画像が収録されており、旅行の下準備としての利用も可能となっています。残念ながら仙台市内には撮影スポットがひとつもありませんでした。一応東北三大祭りのひとつ「仙台七夕」があったりするんですけどねぇ…。

ちなみにこのGPS機能ですが、オンにすると電源が切れていても断続的にGPS衛星を捕捉し続けるのでバッテリーの消費が激しくなります。長距離移動する場合や、しばらく使わない場合はオフにしておくのが無難です。

「カメラにGPS」というのは正直おまけ機能程度だと思っていたのですが、こうして地図が内蔵されていたり、おすすめのスポットをカメラの方から提示してくるというのはおもしろいと感じました。撮影した場所が地図に表示されるだけでは物足りない!という人にはEX-20Gがうってつけですね。

商品画像

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたイベントに参加して書かれています。本イベントへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。本イベントに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

みんぽす

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!