Androidスマートフォン「IS01」最初の請求書がやってきた

IS01

auのAndroidケータイ「IS01」を入手してからまもなく1ヶ月になるところで、2010年11月分の請求が来ました。「月8円ケータイ」の別名を持つIS01ですが、契約事務手数料うんぬんが掛かるため、最初の契約月だけは8円に収まりません。さて、いったいいくらになったのでしょうか。

au 請求書 2010/11

結果は3,000円ジャスト。詳細な内訳は次の通り。

区分 利用項目 金額
基本使用料 プランEシンプル 1,040円
割引サービス 誰でも割 -521円
割引サービス Web de 請求書 -20円
スマートフォン向けサービス IS NET 300円
オプションサービス 安心ケータイサポート 150円[1]
パケット通信料 15円[2]
手数料 契約事務手数料 2,700円
ユニバーサルサービス 8円
auキャンペーン割引 IS01/02割 -814円
消費税 142円
合計 3,000円

契約手続き時に掛かってしまった15円のパケ代と安心ケータイサポート150円、それに初月のみ請求される契約事務手数料2,700円が次月から無くなりますので、来月は次のようになるはずです。

区分 利用項目 金額
基本使用料 プランEシンプル 1,476円
割引サービス 誰でも割 -743円
割引サービス Web de 請求書 -20円
スマートフォン向けサービス IS NET 300円
ユニバーサルサービス 8円
auキャンペーン割引 IS01/02割 -1,023円
消費税 0円
合計 8円

ちなみに、ユニバーサルサービス料は2011年2月請求分から7円になることがKDDIから12月1日に発表されています。よって、2011年2月からは月8円改め「月7円ケータイ」になりますね。

商品画像

次月以降の内訳計算が間違っていたため、修正しました。

  1. 本来は税込み315円。月途中で解約したため日割り計算されています [back]
  2. 15円の理由はAndroidスマートフォン「IS01」からSIMカードを抜くことのメリットとデメリットを参照 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!