Wii用ソフト「ゼノブレイド」サード・インプレッション

ゼノブレイド

2010年6月に発売され、高い評価を得ているWii用ソフト、ゼノブレイドのサード・インプレッションをお届けします。購入の経緯についてはWii用ソフト「ゼノブレイド」を注文を、3時間ほどプレイした印象についてはWii用ソフト「ゼノブレイド」ファースト・インプレッション(ネタバレなし)を、35時間ほどプレイした印象についてはWii用ソフト「ゼノブレイド」セカンド・インプレッション(ネタバレあり)をご覧下さい。現在のプレイ時間は90時間ほど。今回もネタバレを含みます。

  • クエストの数が膨大。攻略本「ゼノブレイド ザ・コンプリートガイド」を見る前も「ここにも!ここにもクエストが!」と思っていたが、一覧でみると想像以上に多い上に発生条件が複雑であることがわかる
  • コロニー6の復興は住民移住を満たさないと発生しないクエストがある。Lv.1までの復興は楽々だが、その先が大変
  • モンスターが落とすレアアイテムが必要となるクエストは特に時間がかかる。一度倒したモンスターは一定時間経たないと復活しないため、何度もセーブ・ロードを繰り返す必要がある
  • ジェムクラフトがつかいにくい。希望するジェムを作るのにエーテル結晶のソート機能がほとんど役に立たない
  • ラインのHPがLvが上がる毎にどんどん他のメンバーとは差が付いていくような…
  • クエストを進めるだけで街のキズナはあがるが、仲間同士のキズナはなかなかあがらない。よく使うパーティ以外でのキズナ上げにはかなり苦労する
  • 戦闘に加わらないメンバーにも一定の経験値が入るが、参加したメンバーの方が若干もらえる経験値が多いよう
  • マップのコンプリートを目指して歩き回っているだけで1時間が経過していた
  • 今更ながら、同一フィールド内のロードが無いことに驚く
  • チェインリンクが決まったときの楽しさは、この戦闘システムならでは
  • ステージ序盤のキズナトークがほとんど「まだ見ることが出来ません」となる理由、中盤でようやくわかった時はすっきり。あのキャラクターがいないと条件すら出ないんですね

ストーリーとフィールドBGM、そしてシームレスな戦闘システムの評価は高い反面、装備品やジェムクラフト、スキルリンクといったシステム面はまだまだ改善の余地があったような気がします。

プレイ時間はまもなく100時間になります。ストーリーも中盤にさしかかり、いよいよ大きな山を迎えるところまできました。最近はもっぱらクエスト消化を優先していますが、そういった細かい経験値やアイテム収集をしておかないと、Lv上げが追いつかなくなりつつあります。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!