こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

こばと。 第16話「・・・謎の生命体。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

主人公の花戸小鳩が奮闘しまくるアニメ「こばと。」。第19話がNHK教育で放送されたのでレビュー。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

第19話のサブタイトルは「・・・ホワイトクリスマス。」。いよいよクリスマス・イブに。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

藤本との気持ちのすれ違いを解消できない小鳩は堂元につれられて街の中へ。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

小鳩は藤本に嫌われたと思っていることを告げ、堂元はそれをやさしくなだめます。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

一方で藤本の過去も明らかに。クリスマスの日最後に、母親と離ればなれになってしまったエピソードが千歳から明かされます。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

それでも園児たちの前では明るく振る舞う藤本。小鳩はそんな藤本のことを考えると胸が苦しくなってしまいます。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

それを涙ながらに堂元に話す小鳩。堂元は自分の恋を諦め、藤本をこの場に呼び出すことに。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

小鳩がやった行動に対し、最初から怒っていないことを告げる藤本。小鳩は気持ちのすれ違いにようやく気がつき、ほっとします。そして…

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

「あした来る日~雪の降る街で」を歌い始めます。あした来る日を歌うのは第13話「・・・天使と守り人。」以来6話ぶり。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

ここの演出はお見事。小鳩の歌声が2人の距離をぐっと縮めていきます。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

最後は光をまといはじめる小鳩。

こばと。 第19話「・・・ホワイトクリスマス。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

それぞれがそれぞれの場所で思い思いのクリスマスを過ごしたところで第19話は終了。

今回は高校野球の延長の関係で、放送時間が1時間繰り下がりました。torneなど一部のレコーダーではEPGの追従が追いつかず、録画に失敗した報告もちらほら聞かれました。私も時間追従できず、直前に手動で予約を入れることで録画に成功しました。EPG頼みのレコーダーがある以上、NHKさんには迅速にEPGデータを更新してほしかったですね。

「あした来る日~雪の降る街で」のフルバージョンはこちらに収録されています。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!