NTT東日本、「フレッツ光」利用者向けにモバイルルータ「光ポータブル」のレンタルサービスを発表

光ポータブル

NTT東日本は25日、フレッツ光の利用者向けにモバイルルータ「光ポータブル」のレンタルサービスを6月下旬より開始すると発表しました。ニュースリリースも出ています。利用料金は月々315円となっています。

モバイルWi-Fiルータ

製品画像を見る限り、バッファローの「Portable Wi-Fi」にそっくりです。あちらはバッファローとNTTBPが共同開発・発表しましたが、今回の「光ポータブル」はNTT東日本が提供するとしています。SIMカードスロット搭載である点を含め、製品仕様も「Portable Wi-Fi」ほとんど同じであることから、リリースには具体的な記述がないものの、こちらの製品も「Wi-Fi版iPadをNTTの公衆無線LANやドコモの3Gネットワークで使おう!」と言っているようなものです。

モバイルWiFiルーター

ドコモがiPad向けSIMカードの提供を断念を発表してから数週間。思わぬ形でiPadをドコモの3Gネットワークで利用する端末が日本通信のb-mobile WiFiバッファローのPortable Wi-Fi、NTT東日本の光ポータブルと登場してきました。料金体系を整理しますと、次の通りとなります。

利用端末 本体価格 通信速度[1] 年間費用
b-mobile WiFi 19,800円 上り/下り
ともに300kbps
1年目: 49,600円
2年目以降: 29,800円
b-mobileSIM 29,800円/12ヶ月
利用端末/プラン名 利用料金(上限額) 通信速度[2] 年間費用
Portable Wi-Fi 37,000円 上り 7.2Mbps /
下り 5.7Mbps
1年目: 89,920円[3]
2年目以降: 71,820円
定額データプラン
スタンダード バリュー
5,985円/1ヶ月[4]
利用端末/プラン名 利用料金 通信速度[5] 年間費用
光ポータブル 315円/1ヶ月[6] 上り/下り
ともに54Mbps
1年目: 6,300円[7]
2年目以降: 6,300円[8]
フレッツスポット[9] 210円/1ヶ月

他の2社のサービスに比べて光ポータブルが異常に安く見えてしまいますが、この光ポータブルをレンタルできるのは「フレッツ光ネクスト」または「Bフレッツ」の契約者のみとなっている点は注意が必要です。あくまでもフレッツ光ユーザー向けの付帯サービスという位置づけ。また、ドコモの回線で利用したい場合は、結局「定額データプラン」を契約したSIMカードが必要になります。

iPad

一言でまとめるならば、iPadをドコモの回線で「安く利用したい、速度は問わない」場合は日本通信を、「FOMAハイスピード端末並の速度で通信したい、フレッツには契約していない」場合はバッファローを、「フレッツに契約している、iPadを10年以上[10]ドコモで使う予定はないけど試してみたい」場合はNTT東日本ということになるでしょうか。iPadの日本上陸効果はキャリアだけでなく、モバイルルータすらも価格競争に巻き込む事態となってきました。出版業界も含め、様々な業界がiPadの利用方法を模索する時代が到来しそうです。

  1. ベストエフォート [back]
  2. ベストエフォート [back]
  3. 最初の1年間をキャンペーン価格で利用した場合 [back]
  4. キャンペーン期間中に申し込んだ場合、最初の1年間は4,410円 [back]
  5. ベストエフォート [back]
  6. レンタルのみ [back]
  7. フレッツスポット利用の場合 [back]
  8. フレッツスポット利用の場合 [back]
  9. NTT東日本の公衆無線LANサービス、契約は任意 [back]
  10. 「10年以上」の根拠は「光ポータブル」を10年間レンタルした場合の総額が37,800円となり、「Portable Wi-Fi」の本体価格を上回るため [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!