Lameを使って手持ちのCDをすべてiTunesライブラリに移行することにした

iTunes 9

「今持っているCDを丸ごとMP3にしてiTunesで管理したい!」
この構想を打ち出してからもう6年くらい経つでしょうか。やろうやろうと思いつつもなかなか時間が取れなかったのですが、最近になって10年前に作った「お気に入りソング」を集めたコンピレーションCD-Rが読み込み不良になってきてしまいました。

自分で焼いたCD-Rというのはディスクにもよるでしょうが、よほど高価なものでない限り、いずれは聞けなくなると思っていました。当時はディスクメーカーにもこだわらず、安物のCD-Rでも「とりあえず焼けるならいいや」程度の認識で購入していたのですが、10年にして早くも数枚がデータ救出不可能[1]に。

iPadの国内発売を2日後に控え「時代は書籍の電子化!」というムード一色ですが、上記のような理由もあって、今日から本格的に昔のCDをMP3化する作業に取りかかろうと思います。

Windowsの場合、具体的な手順は次の通り。

  1. PlayerでGracenote CDDBからディスク情報を取得
  2. EACでトラック毎にWAVでリッピング
  3. LameでCBR 320kbpsなMP3を作成
  4. 生成されたMP3をiTunesライブラリに追加

このような面倒な行程を踏まなくとも、iTunesが起動した状態でCDを入れると1.~4.を自動的に行ってくれます。ただ、問題は3.のMP3エンコードの過程。5年前にiTunesのMP3エンコーダは最悪かでも取り上げましたが、どうもiTunesに付属のMP3エンコーダはあまり音質が良くないらしく、ビットレートを下げれば下げるほど聞き苦しいものとなっています。手持ちのCDが一生手元に残っている保証がない以上、エンコードの段階で最高の音質を保っておくべきと判断し、評価の高いLameエンコーダにMP3化を任せることにしました。そのため、本来iTunesが処理してくれる1.~4.の作業をすべて自分の手で行う必要があります。

PlayerでGracenote CDDBからディスク情報を取得

インターネットに接続した状態でiTunesにCDを挿入するとトラック名やアーティスト名が自動的に付与されます。これはiTunesがディスク情報をデータベース管理しているサーバーにアクセスし、トラック数や時間から該当する情報を自動的に検出、ID3タグに追加してくれるためです。ディスク情報を管理しているデータベースサーバーはいくつかありますが、ここではiTunesが利用しているものと同じGracenote CDDBを使うこと[2]にします。

Player

Playerはフリーソフトの中では数少ない、Gracenote CDDBにアクセスできるソフトウェアとなっています。英語表記のソフトですが、X-WORKS.orgさんで日本語化パッチが配布されています。

Player

インストール後、管理者権限で起動しファイルメニューのGracenote→登録を行うとディスク情報を取得するようになります。

Player オプション

後の行程でEACとの連携を行うため、ファイルメニューのオプションから「ディスク情報を自動的に検索する」「cdplayer.iniを自動的に更新する」のチェックを入れておきます。Playerでの作業はこれで終了。

EACでトラック毎にWAVでリッピング、LameでCBR 320kbpsなMP3を作成

次にリッピングとMP3化です。この作業を行うことの出来るソフトは多数存在しますが、私はEACを使っています。ここでは日本語の言語ファイルが同梱されているVersion0.95 beta 4を使うことにします。
併せてMP3エンコーダLameをRareWaresからダウンロード、適当なフォルダに解答しておきます。ここでは3.98.4を利用します。

EAC

インストール後、管理者権限で起動します。EACメニューのEAC Optionsから、Generalタブ下にあるUse LanguageをJapaneseにすると日本語化されます。先の行程でうまくCDDBにアクセス出来ている場合、自動的に曲名が付与されているはずです。

Limeの設定

EACは初期設定のままだとトラックごとにWAVでリッピングする機能しかありませんので、EACメニューのエンコードオプションからLameを呼び出すように変更します。
外部エンコードタブを開き、次のように設定します。

エンコードに外部プログラムを使用する
チェックを入れる
エンコーダ別パラメータ選択
ユーザー定義 エンコーダー
使用する拡張子
.mp3
エンコードに使用するプログラムのパスを指定
先ほどダウンロードしたLame 3.98.4のフォルダ内にあるlame.exeを指定
コマンドラインオプション追加
お好みで
ビットレート
320 kBit/s
エンコード後WAVファイルを削除
チェックをいれる
CRCチェックを使用
チェックをいれる
ID3タグを追加
お好みで
外部プログラムが返すコードを確認する
お好みで
高品質・低品質
高品質

ポイントはエンコーダ別パラメータを「ユーザー定義」にすること、でしょうか。そのほか、私はID3タグを追加のチェックを外し、コマンドラインオプション側で付与させています[3]

EAC

あとはMP3にしたいファイルを選択した後、MP3ボタンを押すだけ。保存先を聞かれますのでどこか適当なフォルダに指定します。出来たMP3ファイルをiTunesに追加すれば完了。

実家にあるものも含めると、手元に残っているCDは400枚以上あります。何日かかるか分かりませんが、暇を見つけては古い物からどんどんMP3にしていきたいと思います。Macな方はiTunesでLameエンコーダを直接使用することができるiTunes-Lameなんてソフトもありますね。うらやましいです。

商品画像

  1. その数枚はカーステレオにセットされていたものでした。車で常時保管というのはCDにとって過酷な環境だったようです [back]
  2. EACはGracenote CDDBに対応していないため、「CD情報を取得するため」だけにPlayerを利用する人は多いようです [back]
  3. ID3タグを自分に必要な分だけ付加したいため [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!