iTunes 9.0.2で悩まされたバグ、9.0.3で改善せず

iTunes 9.0.3

iTunesが9になってからいくつか細かい挙動が変わっており、9.0.2リリース時から修正を心待ちにしていました。今月になってiTunes 9.0.3・iPhone OS 3.1.3リリースがリリースされたため、期待に胸膨らませてアップデートしたのですが…残念ながらほとんど改善されていませんでした。

iTunesのタイトルバーが「My Documents」になる問題

該当記事はiTunes 9にバージョンアップを参照。この問題は9.0.3にアップデートしたところ…

iTunes 9.0.3

残念ながら変化無し。

iTunes Storeが文字化けする

該当記事はiTunes Storeの文字化けに遭遇を参照。この問題は9.0.3にアップデートしたところ…

iTunes 9.0.3

残念ながら変化無し。同じくiPod touchのホーム画面並び替えも、

iTunes 9.0.3

何が書いてあるのかさっぱりわかりません。

プロパティを編集中、メインウィンドウが定期的にアクティブになる

該当記事はiTunes 9でプロパティを編集中、メインウィンドウが定期的にアクティブになるを参照。この問題は9.0.3にアップデートしたところ…
残念ながら変化無し。30秒に1回のペースも変わらず。相変わらずプロパティを開いたままほかの作業には取りかかれない状態が続いています。

iPod touchを同期後、一旦取り外すとOSを再起動するまでiTunesがiPodを認識しなくなる問題

この問題は9.0.3にアップデートしたところ、無事に解決しました。9.0.3のアップデート内容に含まれる「iPod を接続した際の認識に関する問題を修正」というのが該当していたようで、きちんと修正されていました。

iTunes Storeでアプリの一括アップデートを行うと、メモリが十分余っているにもかかわらずメモリ不足ですと言われ、個別アップデートしかできなくなる問題

こちらはまだ一括アップデートをする状況になっていませんので未確認。

とまぁ、ざっとあげてみましたが、実際に修正を確認できたのは1点のみ。ほかはすべて9.0.2と変わらず、といった感じでした。また、iTunesを終了してもタスクマネージャにiTunes.exeが常駐することがある問題はまだまだ修正されそうにありませんね。気長にFIXを待つことにします。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!