こばと。 第14話「・・・黄昏の探しもの。」

こばと。 第01話「…願う少女。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

主人公の花戸小鳩が奮闘しまくるアニメ「こばと。」今週は第14話でした。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

第14話のサブタイトルは「・・・黄昏の探しもの。」よもぎ保育園の課外活動で出会った少年のお話。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

今回の舞台はよもぎ保育園の外。みんなで芋掘りを楽しんでいます。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

そこにまじって、知らない少年が。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

彼の名前は啓太。勝手に芋を持っていたことで、藤本に捕まえられます。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

事情を聞けば、最近引っ越した昔の家が恋しくなり、家出をしてきたとのこと。しかし、結局その家は見つけられていないようです。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

小鳩は藤本と啓太の3人で一緒にその家を探そうと提案します。地面に楽しそうに目印を書く啓太。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

日も暮れかかった頃、なんとかその家を見つけ出します。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

啓太も藤本と小鳩に心を開いたのか、過去のエピソードや怖いおじいちゃんのエピソードなどを聞かせてくれます。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

最後は藤本が機転を利かせておじいちゃんを呼び出し、家出は未遂に終わりましたとさ。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

啓太のコンペイトウをゲット。3分の1くらいたまってきたでしょうか。

こばと。 第14話「...黄昏の探しもの。」

© CLAMP・角川書店/こばと。を守る会

今回は小鳩と藤本の活躍と言うことで、いおりょぎさんの評価は半分の50点でした。

藤本と2人で傷ついた人を癒すというのは第14話目にして初めて。そろそろ2人の距離も微妙に近づいてくるのかもしれません。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!