ウイルスバスターを2010に更新

ウイルスバスター2010 スプラッシュ画面

おそらく最後になるであろう2009年のToDoは2009年12月31日をもってサポート期限が切れるウイルスバスター2008のアップデート作業です。
トレンドマイクロが発売している総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」は該当する製品が発売開始となった日付から最短2年間のサポートを提供しています。2007年10月に発売された「ウイルスバスター2008」は2年2ヶ月サポートされたことになります。

うちの環境ではウイルスバスター2009が起動直後にブルースクリーンになる現象に遭遇しているため、2008にバージョンダウンし、使い続けてきました。しかし、そんな苦肉の策もあと2日で使えなくなってしまうので、重い腰を上げてアップデートせざるを得ません。

さらにアップデートに躊躇していたのは、フリーのFirewallソフト「COMODO Internet Security」との相性問題。ウイルスバスター付属のパーソナルファイアウォールが使い物にならないため、フリーソフトに頼ってきていましたが、これが入っているとウイルスバスター2010と機能が競合し、インストールできないと言われてしまいます。

仕方がないので私が踏んだ手順は次の通り。(一部の「再起動」は用心のために挟んでいます。通常はソフトウェアに要求されない限り、再起動する必要は無いかと)

  1. コントロールパネルから「ウイルスバスター2008」をアンインストール
  2. 再起動
  3. 「COMODO Internet Security」の設定ファイルをエクスポート
  4. コントロールパネルから「COMODO Internet Security」をアンインストール
  5. 再起動
  6. 「ウイルスバスター2010」を手動ダウンロード
  7. 「ウイルスバスター2010」から「パーソナルファイアウォール」を除いた機能をインストール
  8. 再起動
  9. 「COMODO Internet Security」からFirewallのみをインストール
  10. ウイルスバスターのパターンファイルアップデート
  11. 再起動
  12. 「COMODO Internet Security」の設定ファイルをインポート

所要時間は1時間ほど。ウイルスバスターの競合回避の為には「インストール時にCOMODOが入っていなければ良い」ので、わざわざ一度アンインストールしています。設定のエクスポート・インポート機能があって助かりました。

それにしてもCOMODOのインストール中にウイルスバスターが「パターンファイルのアップデートを完了するため、再起動して下さい」と言ってくるとは…3年契約更新をちょっと後悔している今日この頃。

商品画像

スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!