SCE、2009年10月1日よりPSP-3000を16,800円に値下げ

PSPカラーバリエーション

ソニー・コンピュータエンタテインメントは24日、2008年10月に発売した携帯型ゲーム機「PSP-3000」を16,800円に値下げし、10月1日より発売すると発表しました。プレスリリース(リンク先PDF注意)も出ています。

PSPと言えば、今年の11月に発売が予定されているUMDスロット無しのPSP go(PSP-N1000)が記憶に新しいですが、今回の発表は「10月1日に値下げ」という点からして、Wiiの値下げを発表している任天堂に対抗してきたものと思われます。

SCEと任天堂はそれぞれ据え置きゲーム(PS3とWii)、携帯型ゲーム(PSPとDSi)のシェアを巡り、現在も競争が行われていますが、今日発表された情報を元に、改めて価格を整理してみると次のようになります。

据え置きゲームハード

ハード名 PlayStation 3 Wii 差額
価格改定前 39,980 円[1] 25,000 円 Wiiの方が 14,980 円 安い
新価格 29,980 円[2] 20,000 円 Wiiの方が 9,980 円 安い
値下げ時期 2009/09/03 2009/10/01 PS3とWiiの差は 5,000 円 縮まる

携帯型ゲームハード

ハード名 PSP-3000 Nintendo DSi 差額
価格改定前 19,800 円 18,900 円 DSiの方が 900 円 安い
新価格 16,800 円 (値下げ発表無し) PSPの方が 2,100 円 安い
値下げ時期 2009/10/01 PSPが 3,000 円 の値下げによりDSiより安く

この表を見れば分かるとおり、10月1日に任天堂は据え置きハードを、SCEは携帯型ハードを値下げします。そして、第5世代ハードとしては初めてPSPがDSを下回る価格になることになります。

DSiはDSのより高級版という位置づけですし、PSPにはPSP goという高級版ハードがあるため、これらを単純比較することはできませんが、それでも「DSiより安くPSPが手に入る」というのは大きなインパクトではないでしょうか。

年末商戦に向けて、マイクロソフトもXbox 360 エリートを新型PS3と同じ29,800円に値下げしていますし、今後もさらに各社の競争が激化していくものと思われます。

  1. 80GBモデル [back]
  2. 120GBモデル [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!