2009年の東北地方は「梅雨明けなし」で秋へ

仙台管区気象台は10日、2009年の東北地方は梅雨明け発表を行わないことを発表しました。ニュースリリース(PDF注意)も出ています。
東北地方が梅雨明けしなかったのは2003年以来6年ぶりとのこと。

東北南部は6月10日ごろに、東北北部は6月11日ごろに梅雨入り以降、梅雨前線やオホーツ
ク海高気圧の影響でぐずついた天気が続き、8月に入っても晴れの日は長続きせず、これまでのと
ころ明確に梅雨明けと判断できる時期はありませんでした。

via 東北北部・南部の梅雨明けに関するお知らせ(PDF)

東北地方は北部と南部に分けて梅雨明けを判定していますが、2003年に続き、北部南部ともに梅雨明けが確認できなかったようです。梅雨明けが見られなかったのは、過去に南部では3回、北部では4回あるそうで[1]

ウェザーニューズ キャプチャ

この記事を書いている今日現在も東北地方は全域で雨となっています。今年は冷夏になると言われていましたが、梅雨明けしないまま秋への移行期となるとは。太陽が出れば出たで暑いのですが、こうしてじとじとと雨が続くのも困りものです。

  1. 統計開始は1951年 [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!