PS3システムアップデート Ver3.00で追加される「DTCP-IP」対応で出来ること

商品画像

値下げされた新型の予約も始まり、ますます注目度が増してきたPlayStation 3ですが、既存ユーザにとってもありがたい機能追加が9月1日に予定されているシステムアップデート Ver3.00に内包されている「DTCP-IP」対応。
これにより、デジタル放送をPS3を使ってネットワーク経由で再生することが可能になります。

DTCP-IPは東芝の液晶テレビ、REGZA Zシリーズなど一部のテレビにしか搭載されておらず、まだまだ普及していないのが現状です。DTCP-IPに対応することにより、可能になることをリストアップしてみると・・・。

  • これまでレコーダーとテレビをHDMI接続していた場合のみ、視聴できた「録画したテレビ番組」をPS3経由で再生可能に
  • つまり、HDMI端子が付いたテレビとPS3、LANケーブルを繋ぐことで、家のドコにいてもレコーダーに録り溜めた番組の視聴が可能に
  • REGZAのようにDTCP-IP対応を謳うテレビでなくともOK[1]視聴するテレビ側に必要なのはHDMI端子のみ

まとめると、「ホームネットワーク対応のレコーダー」がある家庭に「PlayStation 3」を導入すると「HDMI端子を備えた全てのテレビでレコーダーに録り溜めた番組の視聴が可能」になります。テレビ側に必要な機能を大幅に削減[2]するため、視聴するテレビ側の選択肢は大幅に広がることになります。

PS3はこれまで「DLNA」機能を持っていましたが、これは著作権保護された番組の視聴には対応しておらず、せいぜいPC内にある動画や音楽を視聴する程度の用途しかありませんでした。今回のDTCP-IP対応はAV機器としてのPS3の価値を大幅に向上させることになりそうです。

ネットワーク対応HDDレコーダーも順当に値下がりしていますし、我が家も年末から来年にかけて、いよいよアナログから地デジへの完全移行が見えてきました。

  1. REGZAを購入した唯一の理由「DLNA/DTCP-IP」対応を見事に打ち砕いてくれました [back]
  2. LANコネクタすら不要。HDMI端子1つあれば良い [back]
スポンサーリンク

この記事をシェアしてくださいねっ

このサイトが気に入ったらフォローしてください!